スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

カブの次はナナハン乗ってハーレー、クラウンに乗った奴の行く末はトレーラー

一般的なカメラっていうと一眼レフが一番「えらい」

そんなイメージが結構あるようですね。。。よく写ると。

でもね、

よっく考えてみて下さい。

どうしてですか?

なんか見た目がどっしりとしてて立派だから?

コンパクトより大きい!いかにも写りそう!。。。?

レンズなんかも換えられるし。。。

レンズ見ながらピントもちゃんと合わせられるし、

シャッタースピードが凄く速い!!


写真ってフィルムに光を感光させて撮るわけでしょ?

じゃあ

フィルムに感光させる部分を比べてみましょう。

コンパクトカメラの裏ブタを開けると、

向こう側にレンズや絞り、それからシャッター羽根が見える

内側が黒い塗装の四角い"孔"がありますね。

一眼レフだとシャッター幕が向こうに見える四角い孔です。

これをアパーチャと言うんですが…どこか違いますか??

もちろんハーフカメラはこの孔が半分の大きさだからハーフですね。

でも、

同じ35mmフィルムを使うコンパクトも一眼レフも、さっき書いた

"向こう側"の様子が異なるだけで、上下にレールのついた四角い孔は

一緒でしょ。

ここで写真は写るんです。


確かに写りが同じだったら一眼レフとコンパクトの差異って、

レンズを通して写る結果を前もって見られるだけになってしまいます。


付加価値として自動化や測光方法、シャッタースピードの豊富さ

それからオプショナルとしてのレンズ交換等々でしょうか。

実質的な差異は、

堅牢さも含めた遮光の完璧さと写りを左右するレンズでしょうね。


だから高級コンパクトって呼ばれたりしたかつての、ちっこい巨人達、

その二点を作りこんだ結果で勝負してましたね。

例えば、ほっといても高いCONTAXのTシリーズとかMINOLTAのTC-1

などがありますね。

あ、NikonのTiシリーズもそうなのかもしれませんが、元々作る一眼レフが

高級と呼ばれるところから時流の対抗のような気が・・・あ、コンタもそうですね。。。

まあその辺のカメラ達が高級コンパクト…高額コンパクトですね^^


でも、

同じフィルムフィーマットなら勝負出切ると普及型のコンパクトカメラでも

実は色々頑張ってるんです。

レンズをきっちりやって、精度と遮光をしっかりやれば理論的には同じわけですから。

よく知られているところではコニカやリコーが浮かびますね。


古くはC35シリーズの操作性なんて抜群ですし、プラ化と軟弱モノ扱いだったEFですら

ある方のお陰で優秀性も確認されました。

ダムに沈む町を取り続けた方です。

新しくはBig-Mini やちょっとおっきいけどヘキサー。

(上で書かなかったCONTAXのGシリーズやヘキサーⅡは別カテゴリでしょう)

リコーはGRがありますね。



実はミノルタのHi-Maticなんて凄く綺麗に写るし、

ヤシカなんて素晴らしい抜けのよさを見せたりします。

アサヒは無いけど殆ど全部じゃないか、って思われた方、共通点判りますか?

その殆どが古いカメラで、レンズはガラスです。

プラが悪いと言っているのではありません。

現に優秀なプラ製一眼用レンズも多数あります。最近は。


その頃はスキルやモノ造り文化への探究心とでもいうんでしょうか

「勢い」といって良いのかもしれませんが、それらの結集が結果として君臨しています。


量産、コストダウン、手法、スキル、製品の利としてのコストパフォーマンス等々

時代がカメラを変えてくれました。

よくもわるくも。。。


どこかで誰かが言ってました。

もう10年以上前だったと思います。

『ライカもツアイスも関係ないよ。最近のレンズは普及機のズームでも

絞りさえすれば何で撮ったか判らんよ。実によく写る! 』

なるほど・・普及機やトイカメラも同じですね。

究極の原点、ピンホール、つまり針孔カメラは最小絞りのレンズ無しでも

写っちゃいますからね^^



すみません。。。

ずいぶんナチュラルにカーブが掛かってしまいました^^;



極論として、

殆どの日本製コンパクトカメラはどれも実はよく写るんです。

捕り手の工夫やちょっとした知識で一眼に負けない写真が普通に撮れます。

今も昔も優秀なんですね。

日本のモノ造り。



そして工夫とは、

「カメラを動かさない事」

つまりブレの除去。


そして光と被写体の方向を見極める事。


レンズ性能を抜きにすれば、

古式コンパクトでもピントが来ててブレが無ければ開放絞り以外の写真は

かなり勝負出来ます。絞ればその確立は上がりますがシャッタースピードが

ダウンしますのでリスクをブレに還元しないように注意がさらに必要です。


これ古いから新しくしようとか、

この頃のレンズは球面が・・とか硝酸・・・ウンチクの前に

とにかく一度、ポテンシャルを引き出す撮影をしてみて下さい。

まずは手持ちにしないことです。

鏡の前で自分の写真を撮ってもいいです。撮影の癖が判ったりします。





あれ、

おまえ実は、やるじゃん意外と( ̄ー ̄)ニヤ





きっと道具が相棒に見えてきますから。






| 日記 | コメント(4)

コメント

こんにちは

 ねじ屋さん、こんにちは。

 いわゆるコンパクト・カメラが大好きです。

 初めて手にしたのは父が使っていたミノルタ・ユニオマットです。このカメラのレンズ(ロッコール45ミリF2.8)はとても自然でよく写ったことを思い出します。

 実家の家庭用に次に買ったのがキャノンGⅢ17でした。F1.7の明るいレンズがついています。ミノルタよりも原色系が鮮やかだったことを思い出します。

2010年|07月|16日|23:21 |from NOBU| URL 【編集】

>NOBUさんへ

ロッコールは淡くマゼンタ寄りのナチュラルな描写をしてくれて桜に特に相性がよいように思います。
キャノンはコントラストが高く発色も濃い目ですから夏場はコレでもかって取れますよね、ある意味ツアイス傾向かな^^
色々撮り比べるのも楽しいですよね。

私もみょうな形のカメラやコンパクトは大好きです。
父親にもらったMAMIYA-UっていうOLYMPUS XAの亜流っぽい奴が
ほんとよく写って長い事スナップとメモ代わりに使いました。
今は本当に捨て値で売られていたりしますからもっと使って欲しいです。
ちゃんと使えば高級機と変わらない写真も充分撮れるポテンシャルを持ったものも多いですからね。

革を張り替えたりちょっとした飾りや縫ったり張ったりと遊べばオリジナルカメラとしても楽しめると思うし、
今が遊び時だと思いますね。

2010年|07月|17日|01:30 |from ねじ屋| URL 【編集】

こんにちは

 ねじ屋さん、こんにちは。

 さすがです。
 ロッコール・レンズは桜がよく撮れました。淡い桜を強調するのではなく、日本的にやさしく撮れたことを思い出します。

 今はXDを使っていますが…MDロッコールも同じような傾向があると思います。

 家族で海水浴に行った時のキャノンで撮った写真はとても鮮明でした。ロッコールとの違いを感じました。

 MAMIYA-Uというカメラがあるのですね。うちには師匠から譲ってもらったオリンパスXAがありますが…最近は出番が少ないです。

 カメラの革張りを替えるのも楽しいですね。よりいっそう愛着がわいて「また使おう」という気持ちになると思います。

2010年|07月|18日|20:36 |from NOBU| URL 【編集】

>NOBUさんへ

いつもありがとうございます。
レンズから入手してBodyを見つけてやっと使えたなんて
ことが多々ありまして、自然と色んなメーカーのを使いました。

ロッコールは優しいですね。コントラストと描写のせいでしょう。
桜が一番似合うと感じました。
同じナチュラル系と思えるタクマーなんて本当に自然に描写して
本当に素敵な青空を見せてくれます。

キャノンは夏にはもってこいのレンズです^^
ちょっとは加減しろよって思えるくらいガンガンくるでしょ^^
夏には楽しいです。

夏が終わりかけたらズイコーかなぁ
繊細な描写は憂いさえ写してくれそうです。
ヘキサノンも使いたいですね。
ヘキサノンは面白いです。開け気味と絞り込んだ時が豹変します。

仕事人みたいです^^

ニッコールはいつでも来い!ですね。

意外と面白いのがコムラーやべたべたなペトリあたりです。

・・・きりが無いですね^^

良いものを入手されましたね、ガンガン使って楽しまれて下さい。

それと、すぐ撮るのを忘れるんですがやっと最近、張替えを記事としてアップできました。
ブログを見てみて下さい。デミの張替えがあります。
別物って感じと、オリジナルっていう気持ちで愛着が増しますね^^

2010年|07月|18日|21:56 |from ねじ屋| URL 【編集】

非公開コメント

トラックバック

http://828882783155.blog62.fc2.com/tb.php/447-100b0cdc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。