スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

おんぼろ Auto Half SEBK 再生紀

ずっと思っていたことなのですが

『 こんなボロ直りませんよねぇ 』

『 あぁ・・・・錆がいっぱいだったので 』

『 散歩写真をと思って。。。落としちゃったんです。凹んでて・・・ 』

『 転んだ先が水溜りで、拾い上げるとポタポタと・・・ 』

『押入れってよく聞きますけど、納屋ですよ。ホコリが2mmくらい。錆でじゃりじゃり』


もっとありますが、

ようは

あまりに酷い状態なのでまさか直ると思わないから捨てました。

どの程度なら直せるんですか?


話の中で、

メールのやり取りの中で時折そういうお話やお尋ねがあります。

言葉では判りにくいし、

その方だけになってしまうので、

そういう具体例をお見せして説明しよう。と!

きったなかったSEBK


しっぱいしたなぁ

これがうちに来た時は、それは素晴らしい状態でした・・のに。

つい、毛バケでパタパタと埃りを落として、

ざっとウエスを掛けてしまったのです。

とちゅうで、あっと思い立ってやめましたが、後の祭り。

現状です。

裏ブタ上部の錆が判るでしょ?

それから開けた後のファインダー上、蓋で隠れていた部分の埃りと汚れ!

ずっと蓋が閉まっていたにもかかわらず、デス。


DSCF3328.jpg

ほら、モルトなんて風化して見事に残骸さえありません。あ、左に少し残ってました。

残骸が残っていたらその残骸から読み取るモノもあります。

ベタついた様子はなくドライです・・・ころんでいた時間がかなり永いようです。

エッジ部分にだけ(ヒンジエッジ、モルトエッジ、ファインダーエッジ)に錆が見えるのが気になります。

DSCF3326.jpg

中はこんな感じ。

モルトの残骸はこちらに付いてましたね。

中空の部分だけが蓋側へ残っているということです。


ストラップに注目して下さい。凄いでしょ、拭いても落ちません!!

DSCF3327.jpg

これが、ボディ をつい拭いてしまった後の・・・実物はこれより汚いのですが、写真は綺麗です^^

注目は中央、仮面ライダーの"眼"ハニカムレンズボード周辺とファインダーです。

DSCF3329.jpg

ほら、ゴミフィルターが見事です^^

DSCF3330.jpg 

こんな感じです。

かなり汚い・・・

きっと女性の方など「触れない!」という方もいらっしゃるでしょうね (´へ `;)


えっと、

修理講座ではありませんのでそういうご期待はなさらないで下さいね。


でも修理の現状や冒頭の状況説明の為、

必要に応じて内部画像等は添付しますが、するつもりですが・・・

修理ってつい集中してしまい撮ることを忘れて進めてしまうのが 常なので

どんだけ画像がアップできるかなぁ…すみません。


それと、

これに掛かりきる事は出来ないのでゆっくりとなります・・・たぶん。



こんな状態ででも、直るのかぁ

こういう風になってるわけねぇ

こんな作業をしているんだぁ



みたいな感じでみて頂ければいいなと思ってます。

終わったらH.P.にまとめようかと。


※ 画像は、写真はかなり、かなりきれいに見えます。

  その辺をご考慮下さい。ませ。

| おんぼろ Auto Half SEBK 再生紀 | コメント(2)

コメント

こんにちは

 ねじ屋さん、こんにちは。

 コメント、ありがとうございました。

 古いカメラが大好きです。
 ブログ等を拝見・拝読して心強く感じます。

 また寄らせていただきます。
 よろしくお願いします。 

2010年|07月|10日|19:41 |from NOBU| URL 【編集】

>NOBUさんへ

コメントありがとうございます。
カメラ好きの人に悪い人はいない!
と日ごろより思ってます^^
古式カメラを愛する方は言わずもがなデス。

またにゃんこの画像を覗きに行かせて頂きます。
もうすぐツーレポでしょうかね^^
こちらこそよろしくお願い致します。

2010年|07月|10日|20:11 |from ねじ屋| URL 【編集】

非公開コメント

トラックバック

http://828882783155.blog62.fc2.com/tb.php/440-12e6ec5f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。