スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

ultimate ~ 究極 ~Ⅱ[ LiveCDとLinux等 ]

アルティメット・・・といえば、

クウガ アルティメットフォーム

やっぱりこれですよね^^

毎週欠かさず見てましたね。

蝉が成虫になったときのように白い戦士から順に力を身につけ

そして

最終形態、まさに究極の戦士形態がアルティメットフォーム!


閑話休題

前回の記事で、ubuntuに馴染みが無い方には

LiveCDがピンとこないかもしれないと思いましたので少し紹介してみます。



ここで書いてるのもLiveCDで最新バージョンのubuntuを試したという話なのですが、

そもubuntuとは何ぞや??

以下は、辞典を調べるように読んではいけません。

近所のおいちゃんが子供に聞かれて汗かきながらしゃべった「たわごと」です。

ubuntu はOSの一種です。

20105292.jpg
                          
OSって・・・

Windows などのオペレーティングシステムですね。

購入したパソコンに始めから搭載されてますから

何の疑問もなく使ってますが、

難しいモノやマシン語は別にしても、ほかに無いのか?

搭載されてるwindowsやMacOS がなければパソコンは動かないのか?

といった事を考えた時に手軽に誰でもしかも無料で使えるのが

Linux系等のOS達です。

Linux infinity


経費的にCR-Romや環境や付録付き雑誌代などと上げた足を取られると困りますが、

windowsのようにOSを購入したり認証したりする必要はありません。

認証が無いというのはかなり楽でしょ^^

マザーボードやHDDを交換したときやトラぶる度に認証し直すって。。。別の話ですね。

201052910.jpg


何が便利かというとLiveCDという概念です。

例えばubuntu.

OSをメインのサイトや出張所のようなミラーサイトなる場所へアクセスして

isoというファイル形式で自分のパソコンへダウンロードしてCD-Romへ焼きます。

ubuntuならその殆どのCDがLiveCDですのでインストールしなくてもお試しが出来ます。

今、パソコンへ入ってるwindowsを削除しなくてもCD-Romを読み込むだけで

使ってみることが出来るんです。

電源オフの状態からCDで立ち上がったubuntuはwindowsとは無関係に

そのパソコンを支配します。

簡易多重人格的制御とでも申しましょうか・・・

つまり。

よければそのまま簡単にインストール出来ますし、

やっぱwinndowsでいいやと思えばそのままCD-Romを抜けばいいし、

双方をインストールして使い分ける事も可能です。

何か無料というと貧相に感じたり、

車で言うとスペースセーバータイヤだけで走ってるような

緊急避難的な感じがしたりMacOSやWindowsに比べると

格下に思えるかもしれません。

20105298.jpg


でも、

少しかじってみると違うぞ!という事が判ってきます。

Windowsでうまく出来ないことや難しいことを何もしないでも勝手にやってくれたり

毛色の違う特色やメリットが沢山あります。

一番びっくりしたのが、

起動したらインターネットが繋がる事です。

ドライバーをダウンロードしたり読み込んだり競合を・・・なんてまず無いです。

一通りのソフトはすでにインストールされていてすぐ、基本全部動きます。

制約とか色々ないこともないですが、あってないようなレベルではないでしょうか。

例えばインターネットでも、中には半自動というかSetupを起動するモノもありますが、

いくつかクリックしてやる程度で殆ど勝手にやってくれます。

そう、ストレスが無いんです。特に私のような初心者には難しいことが判らないので

使い安さを追求した感じがubuntuというかLinux。

やはりオープンソースという理念がモノを言ってるようです。

20105295.jpg
                    

最初がubuntuとかだったら違うでしょうが

windowsに慣れ親しんでからだととっつきにくいかもしれません。

何せ無料で色々楽しめますので一度体験しても損はないと思います。

昔の、数年前の眠っているパソコンを気持ちよく使いたいと思ったら

win98くらいまでなら恐らく、

古ければ古いほどLinux系のOSの方が気持ちよく使えると思います。

なにせHDDではなくメモリの中を走るLinuxも、そして必要最小限のスタートがきれる文字通りEcoLinuxなんてLinuxも。

そうそう興味がでたら一度はどうぞ。

ライブCDの部屋さんという神様のような方の親切極まりないサイトもあります。


201052911.jpg





| PC | コメント(0)

ultimate ~ 究極 ~

ubuntu ultimate edtion 2.6

ULED2.6

存在は知っていましたが

手を出した(?)ことはありませんでした。

ちょっと知りたいことがあってLiveDVDを作って走らせると

創造を超えたubuntuがありました。


ultimate   まさに究極


ULED2.6


ULED2.6


ダウンロードはこちらから出来ますがCDでは焼けません。究極のでかさでDVDですのでご注意を!

そして、来たれゲーマー!Ultimate Edition のDownloadはここに大系がありますが、よーくみて間違わないようにしましょう。

| PC | コメント(0)

道具・・・Tool

こうせつではないけど、今日は雨。

かに目くん

お見せする程のモノではなく恥ずかしいのですが・・・

今朝は久々に活躍してくれました^^



古いカメラを直していて一番やばいと思うのは、

ビスや部品が外れないこと、外せないこと。

俗に言うビスの頭が舐めてあったり腐食で影すらなかったり

今回のように喰い付いていたり・・・

同種類の材質のモノ同士をデコボコ♂♀形状で閉め込んだ場合

色んな要因で喰い付いて離れなくなる。

焼きつきともいう。

私が扱うものの中ではアルミがその最たるモノにあたります。

これは一気に締め上げたりする事でよく起きます。

材質が同じだと表面状況が同種の為、

落ち着き、座り、が良い為両者が馴染み易い。

ピタッとフィットしやすいという意味です。

ミクロンの世界観で(適当ですが^^)いうと材質が変われば

アルミと鉄なら双方ピカピカに見えても、実際は自然石とセメント面みたく

表面が異なる為「それ」は起き難いのですが、

同じ材質の場合表面がピタリと仲良く、くっつき易くなります。


アルミなどのオンメン部位を一気に、もしくは最後の一締めをグ!!と

閉めた瞬間に「それ」は起きます。

馴染みがよ過ぎるため瞬間に温度があがり焼きつきを起こしてしまいます。

内燃エンジンのシリンダーが焼きつくのと基本、同じようなものです。


・・なんの話をしていたのか、すっかり忘れるところでした。。。

朝そんな状態になってるカメラを修理していてました。

どうしても外れない、進めない場合の最後の手段というのはあるんですが、

走り過ぎた8マン、ミラクルノバやゴッドボイス、アトムの100万馬力のように

あまりやりたくはないので、あれこれ道具を使います。


この道具・・・中には使えなかったり、使えなかったりする場合が多々あります。

というか古式、由緒あるカメラの中には、カメラメーカーの中には、

そも「規格」などという言葉があったのだろうかと見まがうような事が多々、

多々あります。多々多々たた。。。。。

JIS・・・日本工業規格でしたっけ、ISO,業界企画(お約束)、企業内企画、

シリーズ内企画、機種企画、・・・その場しのぎ。


この最後の企画ではないかと思うようなことが時折あります。

専用工具でないと絶対に既成のものや一般的な形状では

たどり着けない時があります。

やった人も後で作ったのではないか・・・メンテなんて考えずに

取りあえず食いつなぐ(?)為に、出せ!新製品を出してしまえ~

なんて事があったのではないかと、思ってしまいます。


だってギミックにしては悲壮感は合っても楽しさがない。

もちろんトラップでもない・・・くにくの・・・適当さ

しか伺えない時があるのです。


で仕方がないので手持ちの材料で合わせて作ることになります。

本当の専用工具。


すっかり忘れてましたがサイズと場所的に必要になって

たまたま二個あったので握ったもので作ったTOOLです。

あとでちょっとかっこよく仕上げておこうとは思ったことは覚えてますが^^;

でも質実剛健今日は活躍してくれました。

帯に短しなんとやらで正規の工具4種類でも全然動かずちょっとおまじないをして

こいつにお願いしました。(まじないが主ですが仕上げはこいつしか合わないんで)

見てくれは悪いし単純に削っただけなんですが、この力の入る所がこのサイズで

あてがう部分の開度とあともう一点ちょっと捻った細工があります。

まあ人に見せるもの(しっかり見せた・・・)ではないし、いっかぁなんて^^

頑張ってくれています。

例え三年に一度しか使わなくても無くては困る大切な亀山くんです。


だから最後に「また頼むよ」って、ちょっと拭いてあげて収納です。

| 中古考 修理考 | コメント(0)

F3用ファインダーのカビ取り

ニコンF3、良いカメラですね。

使い込むほどに手になじむ感じがします。

マニュアルですが、AEで撮ると何のストレスもなく

散歩カメラにもホントいい感じです。

確か少し前にテレビでやってた海外ルポもので江口洋介さんが

F3で撮ってたような気がします。

で、

そのファインダーのカビ取り清掃が本日のお仕事です。

F3 HP

綿のようなカビではなかったのですが、

開いてみるとコーティングに喰い込んでます。

少し跡が残るかもしれません。

報告するとオーナーさんも次回からの教訓にと仰ってました。


光学系のカビは後回しにせず、

早めの対処が結局被害を最小限にしてくれますので、

カビにはご注意!

そういう時期がもうすぐ到来します。

| 光房 | コメント(2)

スーパーカブの思い出 結び

http://www.honda.co.jp/LITTLECUB/でお借りしました



カブにまつわるアルバイト時代のお話の続きです。

部品をメーカーへ注文した掃除機を片づけると先輩に報告。

「治すというコトが判ったか?」

M先輩はいつもより、威厳をもって大きく見えました。


その日は早めに外勤の二人が帰ってきました。

「おーい」

「はい!」

暖かい包みを渡されました。

「みやげ、みんなで喰お!」

お好み焼きでした。

漫画みたいな話ですが、初めて修理のマネごとをして落ち込んだ日に

うそみたいにタイミングの良い差し入れなんですがホントです。だから覚えてるんです^^


仕事にもなれた頃で、失敗をした日でしたが二人の先輩が少し判って、

なんかその日は嬉しかったです。

職場の一員に成れたような感じとでもいうんでしょうか。

ゆっくり帰ろ!

そう思いました。こんな日はとばしたらコケそ^^;

その頃の通学の相棒はYAMAHAでした。

http://www.motorcyclespecs.co.za/model/yamaha/yamaha_dt125r%2087.htmでお借りしました。これに乗ってたわけじゃないです当事は好きでした


さてさて、ようやくカブの話になるんですが、何故毎日カブに乗るようになったのか。

それは、

最初に書いた事ですがGラジオ店の主な仕事は


お店の裏で雑務をする内勤とでもいうべき仕事、

配達や家電品の設置などの外勤の仕事の二つがありました。


おもなしごとデス。


主でない、仕事がたまたま回って来たのは確か月末だったと思います。

その日は、申し訳ないんですが暇でした。

片付けも要領が判って来て、

先輩の修理品と発注伝票を、奥さんの伝票と入荷予定票、

それらを早めに覗いて入荷日と入荷品をチェックして

当日までに区画を空けたり仮置き中の廃品移動等々スペースの確保。

これらが一番時間が掛かる仕事なので基本的に先行片付け・・・

先回りをすることで仕事が円滑に回せだしました。


たしかそういう風に上手く仕事がかみ合って出来た隙間のような日。

そうです、間違いありません。運が良いのか悪いのかその日が月の末日でした。


紙片を持った奥さんがこられました。

「集金に行って来て。裏にあるカブを使っていいから」

というご指示であっさりと、カブの人になったのでした。


仕事中のカブはなんという開放感!

内勤ばかりだったので外に出ること事態が魅力的だったのに加え、

二輪に乗っているという、まるでツーリングでもしてるようにテンションが上がります!

変な言い方ですが免許を取ってからカブに乗ったのは初めてでした。

覚えてはいませんが鼻歌の一つもきっと歌っていたに違いありません。

http://bikelife.nifty.com/cs/impression/detail/090402027337/1.htmでお借りしました


今月未入金のお客様の住所と金額が10件ほど書かれた紙片を見て、

とりあえず遠いところから順に回ります。

半日ほどだと思いますが店にはほぼ定刻に帰りました。

無事に帰った事を確認した奥さんは、

「もう今日はいいですよ。お疲れ様」と、奥へ引っ込もうとしています。

「!!、奥さん、お金お金、どこに置いたらいいんですか?」

奥さんの脚が止まって、

「何のお金?」奥さんは、確かにそう言いました。

「 しゅうきんの、です…」

「 お金、貰ってきたの?」

奥さんのビックリした顔を初めて見ました。


「どこから頂いたの?!」と消しこみした紙片に眼を通された奥さんは

一旦奥へ引っ込んで、ご主人を連れてこられました。

ご主人が興奮した顔で出てこられたので、一瞬怒られると思いました。

3軒に半日も掛かったのかと言われると思ったのです。

ところが、お二人とも妙にあたふたした感じです。


「どちらから頂いたの?」

「・・・メモに消しこみしてますけど」

横からメモをじっと覗き込んでいたご主人が、

「この消し込みしてある三軒のうちの・・・お金を頂いたのは、どなた?」

「三軒ともです」

「さんけん、この三軒、全部?!」

よかった~♪ 怒られるのではなく驚かれてるようです。

バイト学生が集金してきたのは珍しかったようです。

普段はご主人の仕事ですから^^


その三軒、不思議なことに、今だに克明に覚えています。

一軒目は工事現場事務所のようなトコロでプレハブでした。

仮にA事務所さんとしましょうか。そのプレハブの二階です。

次はBさん宅。一般のお宅ですが、珍しいY字路の角地に当たる場所。

端っこの三角の位置にあたるといったらよいでしょうか。

最後はお寺さんでした。C寺かな。

DSCF1586.jpg



実は後でM先輩に教えて頂きましたが

ご主人と奥さんが驚かれたのは三件という件数ではなく、

その三軒の内容だったのだそうです。

ご主人が伺われても中々すんなりとは支払って頂けない

いわばワーストスリーだったそうです。

普通、集金はご主人。場合によっては先輩方が外勤の折に伺っておられました。

当然お客様へも失礼だとバイトの高校生を行かすことは無かったようです。

たまたまスッポリ時間が空いたので、奥さんは仕事を覚えてきた褒美に

息抜きをさせようと思われたそうなんです。(失礼ではなかったのか??)


話を戻します。

ご主人に真剣な顔できかれました。

「○○くん(私です)、何て言って、どうやって頂いてきたの?」

purehabu.jpg


いつの間にかM先輩もやってきてました。

「お前、貰えんとクビになるとか言ったのか?」

「それ先輩でしょ」当てずっぽうに突っ込むと、

先輩は固まってしまいました。


「事務所では、世間話をしました。あと、ジュースを頂きました」

オレンジジュースでした。

orengeJ.jpg


「 それで?」

「そろそろ帰りますって言ったら、封筒を渡されました」

「他には?」

「頑張れよって…」

「が・ん・ば・れ」…あきれ顔のM先輩をはじめてみました。


奥さんにBさんとこは?と聞かれました。

「洗濯をされてました。奥さんは赤い服を着て外で洗濯をされていました」

めっちゃ派手な真っ赤なスカートに真っ赤なフリルのエプロンの印象で、

シャツの色形は覚えていません。

http://wiredvision.jp/news/200904/2009042722.htmlで、お借りしました


近づいてこんにちはGラジオ店ですと挨拶すると、

開口一番、

「すごい汗ね、ちょっとこっちへ」と、

玄関に引っ張って行かれてタオルを渡されました。

汗かきなんです。

お礼を言ってすみません、今日は集金に来ましたというと、

いい日に来たわねと、

ニコニコしながらもう一度奥へ引っ込むと財布片手に渡してくれました。



で、お寺のCさんところですが、

「何を言ったの?」

「何も。というか何度声を掛けても返事がありませんでしたので」

「どうした」

「境内を見てました」

この時が皆な一番おもしろい顔をしました。

「きれいですねC寺の境内!いいお寺さんだなと思ってつい、眺めてました」

そうしたら奥から人の気配がしたので見ると、奥様だったようです。

「何してるの?」と聞かれたので、

あんまりきれいなのでつい見せて頂いてましたと答えると、

どなた?と尋ねられましたので、名乗りました。

「集金なら出直して!来月にして下さい」と言われましたので、

判りましたと返事をしました。


怪訝そうな顔で先輩が

「それで?」と。


境内を見てました。

本当に綺麗だったんです。

DSCF1572.jpg



ゴミがないとか箒後があるなんていう綺麗さはもちろん、生垣や庭木のレイアウトというのか

よく判りませんが凄く落ち着ける感じの気持ちのよいところでした。

そう思ったのでそれをお寺の奥さまに言いました。

もうしばらく見せてくださいとも、いいました。

よく覚えてませんが、結構な時間見ていたように思います。

一旦下がった奥さまが封筒を持ってこられました。

来月ではないのですか?というと、もういいからと渡されました。

何故かこちらでも頑張んなさいよと言われました。

継ぎのあたった学ランを着てた訳でもないのによほど貧相だったのでしょうか??

http://www.goobike.com/catalog/HONDA/SUPER_CUB_110/index.htmlでお借りしました



それだけ?!と奥さんが大きな声をかけるので、

「そうそう『次からご主人に来てもらって』と言われました」

面白いことに、それからM先輩は少し態度が変わりました。


会話の概要は殆どあってると思います。

話しを聞く三人が、

まったく同じリアクションだったのでとても面白く記憶に残っています。



その翌日からです。

私の仕事は集金になりました。もちろんカブに乗って。

これ全て実話です。

それが一週間だったのか残り一月丸々だったのか覚えてません。

でもかなりあちこち行ってました。


本当に記憶って面白いですね。

糸口というか、忘れていた事なのに、カブには何時乗ったっけ?と

そう考えて、あ、バイトだ!え、でも修理や掃除してたよな・・・あ、集金!

そんなふうに、ひとつ思い出すと鮮明な絵が頭の中に溢れてきました。

よくこんなことまで覚えてるなと我ながら感心しました。

2年生から3年生までいや、一年の春休みもそうだったかもしれませんが、

大変お世話になりました。

これはけして、バイトの話ではありません。

私の

スーパーカブの思い出と修理の原点です。




http://www.honda.co.jp/SUPERCUB/supercub50/special/でお借りしました



| 二輪と四輪 | コメント(0)

南北戦争はリンカーン

最近、

通学路になっているのか家の前を通る学生達のくったくのない

大きな声のおしゃべりがよく耳に入ります。

先日の">ゆうか先輩の話もそうでしたが今日は、

「南北戦争はリンカーン・・・」

「え~違うよ」

「リンカ~ンよ!」

。。。。。。。。

う~ん、どうなんだろ??


調べました。

1860年、リンカーン大統領就任。

1861年南北戦争勃発

そして1865年に南北戦争は終焉を向かえ、

リンカーンもその年に暗殺されています。

ですから最初の中学生の「南北戦争リンカーン」は正しいようです。

ちなみにこの頃日米修好通商条約が動き出しているようです。

さらに1863年にはロンドンで世界初の地下鉄が開業…

歴史って縦と横をうまく紡いで見ていけば結構面白いのかもしれません。


・・・・苦手です^^


さてさて、

そんな中学生のお話を聴きつつ、

今年最後のさくらんぼを収穫しました。






結構、玉も大きくなって糖度も上がってます。

年々その傾向が見られてまた、来年が楽しみです。

鳥よけのネットを外して、

残ったさくらんぼは鳥くんたちへのお裾分けです。

今年は我が家の大好き君が居なかったので、Jun.ちゃんちのMちゃんに収穫してもらいました。

ありがとう~♪

| 日記 | コメント(0)

Demi の化粧直し

Original & EE17 

デミとデミEE17の化粧直し・・・貼り革交換をしました。

いつもつい、画像を撮らずに返送してしまってから

撮っておけばよかったと思います。

カメラは以外に貼り革で印象が変わります。

ですから説明よりも現物写真がベターなんです。


ようやく撮ることが出来ましたので参考にアップします。


こちらがFirst Demi カラーデミの青に似た感じです。

Original Demi


そしてこちらがEE17。

もともと持っている高級感が増したように思えませんか?
EE17

| 光房 | コメント(0)

今年のサクランボ

今年は大丈夫かな?と思っていたのですが、





ふと気がつくと






サクランボが色づいてました。


ちょっと、一個


あ、まだまだだけど結構、甘いです。

いける^^

| 日記 | コメント(2)

CANDY インディーズ・デビュー

とても うれしいお知らせが出来ました。

Shindy & Candy


うちの最初からのお客さんでもあり、

ミュージシャン、ギタリストとして活動されていた相田慎一さんが

インディーズ・デビューされることになりました。

残念ながらこういう形しか出来ませんが

光房では出来る限り応援していきます。


よろしくお願いします!




Candy


| 光房的お知らせ | コメント(0)

セレン搭載機について

yashica Half16

セレン光電池搭載機の件でお知らせ等を書くと大きな反響を頂きました。

続報というか、現状です。


そのまえに、

セレンとは何ぞや?と言われる方、古いバイクのバッテリー整流用の"アレ"か?

と言われる方・・・・ここで話題にしているのはセレンをコートする事で光を受けて

何がしかの起電力となし、その強弱が光量の増減よとカメラに教えて露出を制御

する古式EE(後のAE)機構の源になるパーツの事です。

早く言えば「光を受けて電気を作ってカメラのメーターを動かす部品」です。

古いカメラのレンズ周りやダインダー周りにある仮面ライダーの眼のような凸凹の

中にそれは収められています。


以前からセレン光電池の入手が困難になりつつありましたが、

ここ数年この傾向はさらに加速しているようです。

数年前からCds化改造を計画しておりますが修理という本業の

隙間を縫った進行の為絶対的な時間が不足しております。

機種的にはCanon Demi 及び Ricoh Auto Half を中心に計画中です。

限られた条件下でクリア出来ている機種もありますが、

まだ供給できるまでもう少し時間が必要です。


FujicaHalf


そこで現在セレンを太陽電池へ交換改造することも始めております。

太陽電池は使い方によりセレンより低輝度から反応が始まり

可動範囲が広く使えます。

セレンではインターロックが掛かってシャッターがきれなかったり、

露出計指針が振れない為、スローシャッターをと考えても

写りにくかったり、そんな場面でも撮影が出来る事が増える

ということです。

AutoHalf


いいじゃないか!

なぜ早くやらなかったのかと、言われそうですが。


何年も前から直面した問題なので当然色々試しております。

私が太陽電池を使わなかった主な原因、

セレンとは特性が異なるからです。

電圧の立ち上がり方が違います。

セレン機を使い慣れた方にとって、

同じ光量、光源でも異なった写りになるということです。

これは違和感となって、今まではこう撮れたのに・・・

などとそれこそ頭に絵が描けません。

高々古いコンパクトのアバウトな露出くらいと、笑われる方も

いらっしゃるでしょうが、そのコンパクトやハーフを大切に

使っておられる方は多いですし、その味わいや、父母、祖父が自分や

周りの風景を写した、好んだ、その「絵」を大切にされている

方々にすれば露出の差異は「絵」の差異になってしまうのです。

細かに言えばもっとあるのですが、これらの事が私の中でも

消化できませんでしたのでお勧めしてはおりませんでした。

OLYMPUS PenEE3


しかし、冒頭に描きました現状によって背に腹は変えられなくなってきたこと、

初めて手にする方が増えてきて、現状をそのまま受け入れて頂けるケースが

増えてきたこと、装備する機種によっては意外と融通がきくというか愛称が

悪くないと思われてきたこと。


まあ、最後の項目は太陽電池で使える感じのモノに出遭った事にも

起因するのですが、それらの事とお客様のオーダーによりモニタリングも

お願いしてみました。


minolta repo


結果、× は一件も無く 殆どが○を頂きました。

△もいくつかお返事いただけましたが不具合ではなく個性と思えば撮影自体に

問題はないとの事でした。

死蔵してしまうより、オブジェになるよりも撮影出来る方が楽しいよと、解釈

いたしました。



上記結果を踏まえて、

セレンがダメになっている場合太陽電池への交換改造も施工しております。


お手持ちのカメラ、諦めずにお声掛け下さい。


追記:あるお客様からの情報ですが確かな方なのでここに掲載します。

セレン搭載機は防湿庫や棚など暗所に近いところ、

または一定の光量の場所へ置いてても徐々に弱ってきます。

そこで使用前に、衣類の虫干しではありませんが、

光量のある場所へしばらく出して光を当てておくことで多少なりとも

復活するというご連絡を頂きました。

動かないものは動かないままですが、ある程度針が振れているものなら

多少なりとも元気になるようです。

個体差や条件はあるかもしれませんが、お試しの価値は充分あるようです。

日曜に撮影予定なら週末に日向ぼっこさせるとか是非、

試してみて下さい。

| 光房的お知らせ | コメント(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。