スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

こういうのを作って見るのも楽しいですよ


20080124133957


花形レンズフードです。
裏表にはぎれや色画用紙を張るだけです。
芯はプラケースの筒や厚紙でもOKです。
大きさを加減して差込式にするのが簡単です。

| 光房 | コメント(0)

新型PenS用レンズキャップ

20080124133456


ほぼ完ぺきっぽい出来です。
軟質プラで傷の心配はないし外す時の指がかりも付いてます。
内側に円形の出っ張りがあって、それが鏡胴の内側にフィットします。

こいつもある飲み物のキャップです。
色付けしたり、シールを貼ればもっとかっこよくなると思います。


| 光房 | コメント(0)

りーちゃん

りーちゃん

昔のことをひょいと思い出した。

浅い夢のせいだと思う。
ずいぶん昔のことだ・・・幼稚園に行く前のことだ。
なぜハッキリ時期が判るかと言うと、それには訳がある。

私は文字を漫画でおぼえた。
それが、幼稚園の少し前であり、
思い出したのはその漫画の置いてある場所の夢を見たからだ。

それは床屋さん。
その床屋さんがりーちゃん。
そう呼ばれていた。

当時、私は祖母に連れられて床屋さんへ行っていた。
徒歩だ。
リーちゃんの床屋さんは隣町にあった。
すぐ家の近くに床屋さんがあるにも関わらず、もう少しいくとさらにもう一軒の別の床屋さんがあるにもかかわらずだ。
なぜか祖母はりーちゃんとこへ連れて行った。
隣町といっても、私の町との境から数件のところだから実質、町外れといった感じだろうか。
ずいぶんと後で、
自分ひとりで床屋へ行くようになってから近所の床屋さんへも行っているが、
場所を覚えているだけで店の名前も親父さんの顔も何もよく覚えてはいない。
ただ、印象にあるのは、陰気だった。
暗かったのかもしれない。

よくよく考えてみると、りーちゃんトコだって店名も苗字も覚えてはいない。
でもりーちゃんと皆に呼ばれてることと、その笑顔を未だにハッキリと覚えている。
りーちゃんは白髪が案外多い感じのがっちりとした風貌のお洒落な人だった。
そう年寄りではなく、おじちゃんという感じの人だ。
思い出すのは笑顔だけだからいつも笑ってたに違いない。

店は道に面しているが家から行くと左手にあり、植え込みがぐるりと店を取り巻いている。
入り口は道路より少し低い。
わずかな下り坂を数歩歩くと例のクルクルマークの筒を左手に頂いた扉がある。
木の枠で上下二枚の広いガラスを挟んだ扉で、パイプの握りが伸びている。
それを持って押しながら中へ入っていく。
室内は明るい。
左手は中段から上は全て窓だ。ここからの採光がとても室内を明るくするのに一役かっている。
その中段が文字通り段というかテーブル状になっていて漫画が置いてあった。
そこで漫画をよく読んだ。
順番が来なきゃいいのにと思ったことを覚えている。
りーちゃんはいつも白い床屋服(?)を着てニコニコと笑っていた。
適度な白髪が理知的に見せていたし、事実なんでも良く知っていた。
床屋さんとは普通そんなモノだとは知りもしないから、
このおじさん物知りだしお話が上手いなと思っていた。
もっぱら祖母と談笑していた。
広い革のベルトでシャカシャカと髭剃りを研ぐのがとても格好良かった。
・・・少しあこがれて家に帰ってズボンのベルトを柱にくくって鉛筆か何かで真似をした記憶がある。
お洒落なのだ何かと。
近くても暗い店に行くよりは少し散歩気分でお洒落な店に行った方が楽しい。
祖母は生きたネタを仕入れに行ってたのかもしれない。

そんな床屋のリーちゃんところにもうひとつお洒落なモノが飾ってあった。
順番が来て床屋さんの椅子に座ると正面にある鏡の横にある小さな飾り棚に白い小箱が置いてあった。
子供の眼の高さからは、床屋椅子に座らないと見えないのだ。
それが何の箱なのか中に何が入ってるのか、どうしてそれを、そこに置いているのか、
色々気になって仕方がなかったが、ついぞ「アレには何が入ってるの?」とは聞いたことが無い。
ずいぶん後になって、仕事をするようになった頃それが何の箱だったかわかる日が来るのだが、
その頃の私は聞くことが出来なかった。

なぜりーちゃんと呼ばれているかは未だに知らない。
やはり名前に「り」が付くのだろう。
「 律雄 」「 力也 」「 倫太郎 」「 りちゃーど 」ってはずは無いがどれも似合わない名前だ。
意外と「 利男 」「 理 」なんて、
としお、や さとし等という漢字が「り」と読む名前かもしれない。
どう考えても判らないのだけれど、聞いておけばよかった・・・・・

遠い記憶だが、最初漫画は祖母が読んでくれていた。いわゆる読み聞かせをしてくれた覚えがある。
漫画のその吹き出しと擬音だけを読むという芸当だ。
でも何故か伝わるのモノがあり面白かったことを覚えている。
とても読むのも話も上手な祖母だったが何故か、
事件が起きて、
主人公が驚く「 あっ 」という場面を、
本当に何故か「 あつ 」と読んでくれるのだ。
それが、ストーリーもタイトルも忘れた今でも、祖母の声で耳の中に残っている…
そんな懐かしいりーちゃんの夢を、みた。

よく考えてみると、りーちゃんとこへ連れて行ってくれた祖母の夢だったのかもしれない。

| | コメント(2)

オートハーフのメーター修理

20080115133916


気が付けば はや月半ば…

今年は大晦日までお仕事を頂き、元旦早々にもまた、頂くことができました。

ありがとうございます。

・・・なぜか、年末年始C35が何台も続きました。

リンクをお願いしてるCRSEさんとこでも以前、同種が続くことがあると言われてましたね。

不思議ですが、結構多いです。

DIAL35も年末にやったんですが、そうそうあるような機種ではないのですが、

今年もう2台もご依頼いただきました。

明日も恐らく一台ご依頼品が届くと思います。


数が違うのか、オートハーフとPenEE系はコンスタントに頂いてます。

この機体はオーバーホールをしました。

ゼンマイ部分の動きも渋かったんですが軽くスムーズに動くようになりました。

やはりスラジが多く、動きをスポイルしていたようです。

何より音が全然違います。

仮組み途中で、トップのダイアル部内にある絞り窓とASA感度指針が書かれたグローブが

クルクル廻っていることに気づきましたので修理をします。


さてさて今年はどんな年になるのでしょうか?

バイク関係のブログリンクさせて頂いてるので、うちもバイクネタをやらねばと思ってるとこへ

知り合いの息子さんと話をする機会がありました。

そこにはメグロがあるんですよ。

メグロ系は大好きなので今度見せて頂くことにしました。

・・・だれかうちの前にSGでも捨ててくれないかな・・・・・



| 光房 | コメント(0)

よい新春をお迎えのことと思います


あわただしくも一日が過ぎ、もう新年も二日目になってしまいました。

元旦こそはらはらと早朝より白いものが舞っておりましたが

本日は予報以上に暖かな陽光の差す穏やかな日となっています。

皆様方の所はいかがでしょうか?

年末大晦日まで、また昨日の元旦からと、

ありがたいことに複数のご依頼を賜りまして締めくくり又始まりと

とても感謝しております。

ありがとうございました。

また、私の力足らずで昨年中にお返しできませんでした御依頼品も

極力早々に仕上げてお返ししたく本日より仕事も再開しております。

本年も相変わりませずよろしくお願い申し上げます。

皆様も楽しい一年でありますように末席からご多幸をお祈りいたします。

....ここまで書いたら曇って、風の音が聞こえるようになりました。

やはり冬ですね。

風邪に注意です。

元気で新春をお過ごしください。


| 日記 | コメント(4)

早いですねぇ

20080101095728


ばたばたしていたら

もう新しい年です。。。

おめでとうございます。

今年もよろしくお願い致します。

取り急ぎご挨拶のみですがm(_._)m

| 日記 | コメント(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。