スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

ORYMPUS35Sの距離計修理

 
20070626163959


なんと、この文章は二度目です・・・・
(3度目です!でも学習機能が働き、二度目は定期的にコピーしながら書きましたから大丈夫でした)

何故かログイン状態がうんぬんというページが現れて消えてしまいました。

結構長々と書いたのに・・・・・もう白紙でだそうかと・・・・・

こんな時はスッごい事を書いてたような気がするんですよね^^

さて今日は少し古いカメラです。

OLYMPUS35S

35に二重像合致式の距離計を内臓下カメラです。
うちで扱っているのは5年や10年前のカメラではなく、数十年前のカメラ達なんですが、その中でももうひとつ前のカメラです。
ライカの影響でたくさんの国産コピーLeicaが生まれて、それを元に35mmカメラが進みだした頃のカメラです。

二重像合致式の距離計とは、

通常のシステムとしては、ファインダー接眼レンズとファインダー前玉の間にハーフミラーをハスに置きます。そこへ別の距離をおいた場所にあるミラーへ写りこんだ映像を投影することで、ファインダーを覗いた時に二つの像が見える訳です。その差異を無くすこととピントリングの動きをリンクさせてピントを合わせる訳です。

問題はその二重像を合致する為の像を動かす方法です。
一般的なのは先に書いた鏡を動かします。ピントリングの前後の動きを鏡が首を振るような動きに変換してファインダー内のハーフミラーへ投影します。
どういう動きで連動させるかという事にメーカーのカラーが現れているような気がします。コストとスキルが大きく関係しているのではないでしょうか。

さて本機のそれは、
なんとファインダーの前玉そのものが動くんです。スイングします!
これはかなりビックリモノのカラクリです。
始めて見た時は思わず声が出たくらいです!

この頃のカメラメーカーは独自の方法を作り出すことにもしのぎを削っていたような気がします。まるでフェイクと思えるものさえあります。
これを行わずコピー技を磨いていたメーカーが次々と消えていったようです。
コピーも立派な技術ではあるんですが、時代と合致しなかったんですかね、
残念ですね。

そして本機、
そのバイクで言ったらスイングアームのピボット部が固着してしまった為
投影像がスイングしない訳です。

これをばらして洗浄擦り合わせしてやります。
バイクのようにグリスアップはしません。
使えるグリスもありますが、いつも稼動しているものではない為、逆に固着する事の方が怖いので使いません。その為に擦り合わせは入念に行います。
これもケースバイケースで方法がありますが少なくともうちではグリスはいれません。

これでこの35も当分きれいな写真を見せてくれそうです。

| 光房 | コメント(0)

スタンドが点かなくなりました

20070625191336


『スタンドが付かなくなりました』
ではありませんよ
何故なら私の名前にはJOUは付きませんし矢も当たってないからです。

商売道具の電気スタンドが壊れてしまいました…
にわか電気屋さんです。

| 光房 | コメント(0)

EE17距離計読取り部の補修

20070625184637


Canon Demiシリーズの中でも多機能でスタイリッシュ。
結構な人気機種だけど、
これが案外整備性が悪い。

今回は定番の電池BOXが逝って、
ケーブルがパンクして、
おまけがこれ。

距離計読取り用ガイドバーが動かない。
画像中央の刀のような形をしたバーがそうです。
バーの途中をビスで縫い取って片側はレンズなぞって距離を読み取り、
もう片方は指針となってファインダーの中に表れます。

その縫い付けているビスが腐ってしまい動かない。。。。
アルミが噛んで腐食している場合もうあきらめるしかないですね。
レンズユニットを下ろして、レンズボードも外しました。
・・・・外すのは鼻歌なんですが。。。。

後は簡単です。
腐ったビスを取り除いてストックの中から別のビスを用意して少し加工して取り付け完了です。

こんなカメラ、また造ってくれたらいいのになと、思いますね。
本当に贅沢なつくりです。

| 光房 | コメント(0)

アラン・リックマン

日曜洋画劇場40周年記念・・・とかで「ダイハード」を放映していますね。

新作ダイハード4のせいかな?

最近シリーズの新作が上映される時に併せて旧作を放映するってのが定番になってますもんね。これって確かにセールスから見たら正解なんでしょうが、たいていそれは話題作なので楽しいからいいですよね。

ってそんなことではなく、夕食をとろうと今テレビをつけたらダイハードをやってて悪役のボスがでてて・・・・・

ん、この顔どっかで見た・・・・もちろんダイハードは何度も見てるのでこの俳優も何度も見てるんだけど、

そうじゃなくって、
この顔に覚えがある!知ってる顔!だれだっけ????
何か良く知った映画に出てる人。。。。

ん~。。。。。口元に覚えがある。
眼が結構据わってるというか、無表情で特徴的な口元でしゃべってる。


あ、


判ったわかりました。

すねいぷせんせい

ハリーポッターの薬草学の先生スネイプ!です。

早速映画紹介で、ハリーポッターとダイハードの出演俳優を調べると、
ありました間違い無し!

『 アラン・リックマン 』

英国の舞台俳優でダイハードが映画初出演らしいです。

あ~よかった。
このまま気が付かなかったら今夜眠れないところでした。
すっきりして夕食が取れます。

| 映画 | コメント(2)

AutoHalf SLのシャッター組立

いつも、つい撮影を忘れて作業を進めてしまいます。
たまたま覚えていたのでシャッター組立の画像をあっぷしてみます。

まずベースを置いて、

01


シャッター羽根の片方をセットします。

02


次にもう片方を、

03


シャッター側ユニットの蓋をします。

04


絞り羽根の片側を同じようにセット、

05


さらに、もう片方もセット。

06


絞り羽根の要をビスで縫います。

07


絞りユニットも蓋をします。

08


蓋は3点でとまってますからまず、下端を縫います。


09


続いてガイドを兼ねている二本を止めて出来上がりです。

10


前後にちょっとした作業工程があるんですが、

とりあえずこれでシャッターと絞りのユニット組立は完了します。

そうそう、
額紫陽花が知らない間に色をつけていました。

流石に6月ですね。

紫陽花

| 光房 | コメント(3)

Canon ⅣSb 開放



今日は久々快晴、というより夏日ですね。。。
でも幸い風が吹いてるので木陰はよさそうな天気です。

今ライカ系の修理が続いてます。
今日は国産CanonⅣSbです。
ライカ系はファインダー清掃、シャッター修理、もしくはLightTuen(オーバーホール)ですね、これが殆どのオーダーです。
少し前に古いので全部やってと、HeavyTuneの依頼がありました。
これは水没か落下品くらいしかめったに無いオーダーで、
1台70万(ウソウソ、だったらいいなぁ…^^)くらいです。


マウントを外していきます。

4Sb.01



まじめにライナーが入ってます。
距離計をキチンと出してる証拠ですね前回。

4Sb02


次にスローシャッターダイアルを外します。
手始めにノブを外します。

4Sb.03


この方はクリックを作るお役目の方です。

4Sb.04


はい、
お皿ごと下げさせて頂きます。

4Sb.05


ここに1本だけ、
ボディシェルと縫ってあるビスがあります。忘れないように外します。
あとは軍艦部の裾にあるメッキ化粧の取り付けビスを外していけば、

4Sb.06


するりとシェルを抜くことが出来ます(こいつはケーブルがあります傷注意)。
忘れちゃいけないのが、この時に裏の圧板(フィルムがずれないように、
平面性を守る為に抑えている板)面に傷が付かないようにしながら抜くことです。
念のために私はケント紙片や模造紙をボディと圧板の間に挟み込みます。
無い時はしかたなくテレカで我慢しますがテレかはあまり使いません。
さらに可能ならバルブにして紙片、つまりは圧板を軽く抑えながらテンションを殺した状態でゆっくりとシェルを抜いていきます。
こうすると圧板に傷がつきませんし、抑えて抜いた場合は圧板裏の板バネの変形や傷も防げます。


というところで、
時間がきました。
・…さよならサヨナラさよなら

| 光房 | コメント(2)

Leica Ⅲf のシャッター修理

20070605045627

幕の補修が済んだので途中で一緒にばらしたガバナを取り付けます。
ガバナは洗浄して点油済。
カマ(丸い窓みたいなのが並ぶファインダーユニットの左に上下方向へ伸びている棒)の動きが渋いのでこの状態で利かせてスローの様子をみてみる。
スムーズに動かなければ歪みを確認しながらバラして洗浄し、スラジや埃を除去してやる。組上げて再度確認。
問題なければ右下のエプロンを取り付ける。
スローの速度確認と仮調整をした後、きちんとエプロンを付け高速側のシャッター調整に入っていきます。

| 光房 | コメント(0)

お好み焼きを食べました

昨日久々にお好み焼きを食べに行きました。
隣の市まで50分程度のんびり走ると「1番 」に着きます。

画像は本文には何の関係もありません


色々メニューはありますが、
食べるのは関西風。

関西風が好きだから、じゃなくってここではこれが美味しいので(自分の味に合うってことです)関西風を食べます。広島では広島風ばかり食べてました。
うどん、結構好きです。

ねぎ焼きベースのチーズとブタ玉とイカ玉、たいていこのどれかを頼むことが多いです。



K帯もデジカメも珍しく忘れてしまいました・・・・
ので、画像はありません。

この画像も本文には何にも、全然関係ありません


たまに、たまぁ~に息抜きに行く 場所です。


・…ホンダで行きました

| 日記 | コメント(0)

めだかが生まれました

正確に言うと、

めだかが生まれてました・・・

komedaka02.30.jpg



このちッこい奴を写真に撮るのは中々ですね。
水の中だから、(まあといっても水面付近なのでよかったですが)余計。

 komedaka01.40.jpg


亡くなる(無くなる)よりも、生まれる話題の方がいいですね。

石立鉄男さんが無くなってましたね。

PENTAXどうなるんでしょうね。

頑張ってほしいなぁ

| 日記 | コメント(2)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。