スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

続・EED

20060429154822
 お待たせしてるPEN系の台数があるので部分修理分から手をつけたのですが・・・・・
明らかに落下ないしぶつけた個体で、レンズ先端がへこんでいましたし、何より鏡胴そのもののガタが大きい。そのくせヘリコイドが噛み込んだ感じで回りにくい。絞りリングも同様。
順にバラして清掃とガタを調整してあげれば終わると思ってレンズ側の凹み修正から手をつけ、レンズ内部を開いていくと・・・・・
なんと、ダメージがボディ側へも及んでいて、全部開放しなければならなくなり明るいうちに2台目に手をつけようという思惑が外れてしまいました。
恐らくぶつけた時オーナーさんが、動作を確認したくて動かしてみたのだと思います(当然ですね)。ただ、その時、「あれ、動かないぞ!あれ、ここ、硬くなったんじゃないのか??」なんてつぶやきながら、ついカメラを持つ手に力が入ってしまったんだろうと思います。
垂直落下式のバックドロップを喰ってふらフラと立ち上がった所へラリアットが飛んでくる長州の必殺パターンのように鏡胴だけでなく、ボディ側へもリンク部を通してダメージが波及してました。

皆さん、ぶつけた時はプロレスに移行せづ、優しく接してあげて下さい。
力で動かさないで下さい。
スムーズな動きが出来なくなっていたら、早めに行きつけのカメラ屋さんへ走りましょう。

| 光房 | コメント(0)

ペン系

20060429133012
OLYMPUS PEN系の修理依頼を多くお預かりしています。
これから続けて修理に入ります。二桁近い台数があります。
とっかかりはPEN EEDです。
大口径32mmf1.7というハーフコンパクトでは中々に贅沢なレンズを搭載しているカメラです。
しかも他のPEN-EE系のようにプログラムAE(当時はEEと呼称)だけでなく何と大口径レンズを生かす絞り優先AEまで搭載しています。作画優先の思想が判りますね。
名称の「D」はデラックスの「D」だったと思うんですが。
ピントだけが目測なんですが、距離計(ピント用)リングの要所要所にクリックが設けられていて、初心者でも外しはあまり無いと思います。
とにかくよく写るカメラのひとつです。
シャッター音が「写るぞ!」って感じの高級な(?)音なんですよね。

| 光房 | コメント(0)

久々の蛇腹です

20060428190318
マミヤ SIXです。
久々の蛇腹カメラ(スプリングカメラと言います。あるボタンを押すとボディから蛇腹付きのレンズ群がバネ仕掛けでジャキン!と出てくる事に起因した名前・・・カテゴリーです)です。
実は光房にも一台あるんですが、一番大きな違いはレンズです。
光房のはズイコーレンズが搭載されています。つまりオリンパス(テレビではタッキーがCM流してるメーカーですね)のレンズが乗っかってるんです。
が、こいつ(すみません、この方)はTessar 7.5cm f2.8つまりツァイスが搭載されているわけです。
とりわけシャープさが売りのテッサ―です。
二台並べて撮り比べするのも面白いかもしれませんね。

そうそう、このマミヤはピント合わせが他のカメラ達とは根本的に違うカメラです。ピントを合わせるフォーカスダイアルが背面右上、つまり握った時に自然と右手の親指が来そうな(来るではありません、来そうな)位置にダイアルがあり、それを回すことで見た目は全然変化が無いのにボディ内面でピント合わせが行われているのです。普通はピンとを合わす為にはレンズを回転運動にて前後に動かすのですが、このマミヤはバックフォーカスといって逆にフィルム面を前後さすことでそれを実現している稀有なカメラなのです。
ツァイスを搭載したバックフォーカスカメラって通称ヤシコン(ヤシカ製コンタックスの略ですね)の京セラ製CONTAX AXという厚みのある一眼レフがあります。
かたや機械で、かたや電子で、バックフォーカスを実現した両雄達です。
こった造りのカメラ達を前にするとわくわくしますね。
スプリングカメラは中盤も含め(小さなフォーマットにして)画質を犠牲にせづに携帯性を高めることを目的として生まれた写真機群なのですが、
それにしても、こいつはがつんとでっかいカメラです。小さ目の弁当箱って感じでしょうか。

| 光房 | コメント(0)

桜のあとは…

20060427130612
サクランボと 書こうかと思ったんですが…
やっぱりこの方がきれいですね。
最近光学系の整備依頼が多いです。

先日のコンタックスの後、ズイコーの標準50mmと広角28mm、キャノンセレナー50mm、オートニッコール50mm、それから夕べ、Aiニッコール28mmというラインナップです。
あったかくなって(今年は4月の声を聞いても朝晩寒かったり、油断すると風を引きそうなことが多いでしょ)桜や春の花を撮ろうとしたら・・・・・カビに気が付いた!とか、菜種梅雨や本梅雨に向かってこれ以上カビを増殖しないうちに除去しとこうと、そんな感じみたいですね。

レンズやファインダーのカビ、特にレンズのそれは見つけたら早めにやっつけないと、ある時期を境に急に繁殖スピードが増すことが多いです。それと、レンズに菌糸状に食い込むカビ!これは取ることが出来ません。同様にぱっと見は同じ感じですが、コーティングを侵食するカビ、これもコート表面へ菌糸型の跡が残ってしまいます。
自分で拭ける前玉や後玉だけでも見つけたら即やっつけましょう。早いうちなら大丈夫です。

やばいと思ったら、メーカーや行きつけのカメラ屋さんへ早めの相談をしましょう。せっかくの大事なレンズが霜降りコーティングになる前にやっつけましょう。
勿論うちの光房でもオッケーですよ。ホームページにメールフォームがありますからリンクで飛んでからご相談下さい。


| 光房 | コメント(3)

なんでしょう?

20060426093608
ハッセルブラッドのフォーカシングスクリーンです。
今回はスクリーンの清掃だけの依頼です。染みのようなモノが付いていました。続けてペン系の修理が控えているので先にすませました。
今日は曇りです。
しかも降りそうなんですが、何とかもってはいる・・・・降るなら早く降って、早くやんでくれたらいいのに。

| 光房 | コメント(1)

サンマリノ

20060424021509
いつも仕事中はラジオなんですが、今日は気になって、ついテレビを付けてしまいました。
仕事しながら久々にF-1を見てました。
(CANON F-1だったら笑えるんですがOLYMPUS PENです)

仕事をしながらF-1を見ていると、
F-1を見ながら仕事をするようになりました。
やばいと思って閉店しました。

セナが逝ったイモラでミハエルとアロンソがTail tO North その差0.3秒!
すごいレースでした。
スーパーアグリの二台がそろってリタイアというのが残念でした…

イモラというとDUCATが浮かぶんですが、やはりあの事故からはセナですね。

好きな人が行ってしまう、逝ってしまう・・・・・辛いですね。
いろんなアクシデントがいつ襲ってくるか判らない今だから、身体だけは、健康にだけは機気をつけてほしいですね。
読んで頂いたあなたも、気をつけて下さい。


| テレビとラジオ | コメント(2)

知りませんでした

20060423093909
朝起きてカーテンからそっと覗くと、
知りませんでした。

光房のチューリップは肉食だったのです。

| 光房 | コメント(2)

れんずきゃっぷ.2

20060421164215
昨日の続きで何となく出してしまいました。
特製(?)キャップです。
レンズはズマロン3.5cmです。
このⅢaはファインダーをゾルキーのそれに代えてあります。
Ⅲa改といったところでしょうか。視度補整機能はなくなりましたが見えは物凄くクリアです。

| 光房 | コメント(2)

れんずきゃっぷ

20060420123635
前のタイトルの画像でCANONの上にレンズキャップが写っていたでしょう、被せてみました。こんな感じです。(といっても携帯へ搭載されてるレンズは広角ですから、デカって感じですが)
キャップ見て、



と思った方、鋭いですね中々(^^

キャップに記されているロゴの一部を紹介しましょう。

「空きビンは投げ捨てないで下さい。明るい所をさけ・・・」

何を隠そうこれは、レンズのキャップとして製作されたモノではなく、ある清涼飲料のキャップとして生まれたものなんです。
これはそのままオリジナル(?)ですが、たとえばCANONのロゴをコピーして張ったり、色を入れたりすると案外綺麗だったり、違和感が無くなったりします。
ちなみに以前、別のカメラですが「探してたんです、譲って下さい!」と言われた事があります。

こういうモノを探すのが結構好きです。オリンパスペンに舶来フィルムメーカーのフィルムケースの蓋がレンズキャップとしてフィットするなんていう話題が好きな人たちの中でよく話されるでしょ。その手合いですね。

元々、絶滅を含め年代モノであるとか、グレードのせいとかで純正が手に入らず、重ねて同様な意味で汎用品まで追い討ちをかけて入手困難になっていることがよくあります。
苦肉の策で先ほどのケース蓋の流用等が始まったのでしょうが、私は修理屋の為か殆んど純正品へのこだわりが無くモノとしての機能優先です。
ただ、見つける行為そのものはとても楽しいですね。
ある乳酸菌飲料のキャップがエルマーにフィットした時はガッツポーズものでした。

まあ、ライカに限らず純正命の方々は鼻で笑ってしまうんでしょうが。

| 光房 | コメント(0)

黒革病

20060420115108

ブログ更新が上手くいきませんでした・・・。
最近、古いCANONを入手しました。40mmf2.8がついてます。大きさも手ごろで散歩にはもってこいかなと(実は、散歩する間がないので∴撮る間が無い状態ですが)思ってます。
高いグレードのカメラではありませんが、必要にして充分なスナップカメラですよね。スペックやグレードにこだわりだすとEOS1シリーズやF一桁しか売れなくなっちゃいますから。
問題は色です。

”黒”

黒いカメラが好きなんですよね。黒いカメラを眼が認識すれば即何の妨げも無く意識化に入ってくるんですよ『買え!』という指示が。
これを私「黒革病」と呼んでおります。
黒いカメラじゃないといけないのか!というとそうでもなく、黒ばっか見てると「白(普通の銀色の奴)もやっぱり綺麗だよなぁ~カメラっぽくていいよねぇ」って。

結局カメラが好きなだけなんですね(^^;

| 光房 | コメント(0)

こもれ日

20060416155634
木漏れ日って、なんとなく秋の日に山あいの道を走る車体に差し込む淡い陽光…そんな感じがするんですが。
一台修理があがって一息入れようと立ち上がるとカーペットに日が射していました。
とても暖かい感じがして、春も有りなんだなと思い直しました。

| 光房 | コメント(0)

雨また…

20060413140926
今日でコンタックスⅢは終わりです。追加でシャッター調整とその他の軽整備をしました。CustomTuneがLightTuneにコース変更しました。使ってるうちに動きが渋くなるんですよね。一人で使ってると少しづつ少しづつだから渋くなっても気がつかないんです。ですからメーカーなんかが定期的なメンテやオーバーホールを推奨するわけです。酷使ボディや無開封のボディは驚く程感触が変わります。
機械は正直です。触ってあげれば必ず応えてくれますから。
ファインダーがクリアで巻き上げの感触が気持ち良いカメラは本当に新品みたいな気がして使っても気持ち良いですよね。

| 光房 | コメント(2)

晴れ

20060412133645
天気予報では数日雨模様、今朝の予報でも曇り後雨だったんですが快晴です。
日差しも案外強く、ツバメの姿を見つけた時は、今何月?って考えてしまいました。
雨ですぼんでいたチューリップが大口径レンズ状態になってました。

| 光房 | コメント(0)

しゅこしゅこ…

20060411110059
朝から車のエンジンがかかりません??
元気にクランキングするのにプルっとも言いません。燃料が来てない、フュエルポンプ?
昨日まで兆しも無かったのでパイプラインならセル回した時に多分臭いから、ポンプが逝ったかな?と思いました。
調べるとプラグは濡れていました。
じゃあ点火系か。
セルの元気はよいから火花電圧が低いか、あるいは飛んでないか…
原因はディストリビューターのトップカバーじゃない、ディスキャップと点火コイルを中継するスプリング形成のコードがいびつに伸びて電気的に不安定な状態で、今日は雨!デスビ内やプラグコードの埃によるトータルの火花電圧が低下したことでした。
デスビを開けるとカーボンでざらついた感じがしたので光房へ走り、しゅこしゅこ(写真の埃飛ばしですが…名前なんでしたっけ?)を取って返しひたすら隙間へツッコミしゅこしゅこしゃこしゃこ…
カメラやってて良かったぁと、思った瞬間です。

始末してエンジンをかけると今度はセル一発でかかりました。

| 光房 | コメント(0)

ボディの次は

20060410182221
ニコマートボディが終わって、次は当然ニッコールレンズです。カビ取り後はカビが生えにくいように後処理をします。最後にグリスアップで終了です。
ファインダーやレンズの清掃後はとても気持ちよく使えますね。
当店はファインダーの見え具合には力を入れています。
何故か?
店主が最初に所有した一眼レフがとても暗くて見えにくいものだったからです。もっともそれしか知りませんからその頃は問題なかったんですが…。一度明るく綺麗なモノを見ちゃうともうダメですね。見やすいファインダーに憧れました…。

| 光房 | コメント(0)

Nで始まって…

20060409111959
CONTAXⅢの修理にオーダー変更の為STOPがかかりましたので、中断して一眼レフのファインダー清掃とモルト交換です。
少し前にテレビを見てると母親と娘さんの買い物中のCFが流れて、「いいよねぇ、Nで始まってNで終わる…」
聞いた瞬間、
「Nikon!」と叫んだのは私だけでしょうか…?
後で考えると車もあるなぁと思いだしました。

今日はニコマートFT2です。

| 光房 | コメント(0)

つづき・・・・・

今日から日記をブログへ切り替えました。来てくださった方、良かったら何か一言よろしくお願いします。
とはいうものの、ブログを毎日更新しようと考えてはいますが、中々に難しい状態です。考えてみると、日記帳さへまともに続いた事が無かったんです。

さて、今日はストップしていたCONTAX Ⅲ型の修理の続きをしました。でもやりだすと用事が出来たり、来客があったりと中々続けることが出来ませんでした。

06-04-08_15-06.jpg


光房前の花壇にようやくチューリップが咲きました。
のら(?)猫のう○ち攻撃に悩まされ、ほじくられた球根に傷がついた為歪な花が咲いたこともあります。今回ようやく待望の花が咲きました。


hana.01.jpg



| 光房 | コメント(0)

出先で

急用ができて、光房を閉めてました。
出先で頑張ってる桜の古木が眼に留まりました。花を付けてなかったら枯れ木のようなのに、頑張ってました。
あちこちで桜がとても綺麗ですが、今年は平年より花びらがピンクがかって見えますね。
いつもなら、白っぽいため蒼い感じに見える山桜でさえ淡いピンクが多いです。まるで桃の花に見まがうような桜も沢山ありました。
何に起因するんでしょうか???

k198.jpg

gazou183.jpg

| 日記 | コメント(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。