スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

遭遇

久々に見ました。

きれいでした…GUZZI


| 二輪と四輪 | コメント(2)

バイクの日。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

katayama2a.jpg







katayama1c.jpg

| 二輪と四輪 | コメント(4)

スーパーカブの思い出 結び

http://www.honda.co.jp/LITTLECUB/でお借りしました



カブにまつわるアルバイト時代のお話の続きです。

部品をメーカーへ注文した掃除機を片づけると先輩に報告。

「治すというコトが判ったか?」

M先輩はいつもより、威厳をもって大きく見えました。


その日は早めに外勤の二人が帰ってきました。

「おーい」

「はい!」

暖かい包みを渡されました。

「みやげ、みんなで喰お!」

お好み焼きでした。

漫画みたいな話ですが、初めて修理のマネごとをして落ち込んだ日に

うそみたいにタイミングの良い差し入れなんですがホントです。だから覚えてるんです^^


仕事にもなれた頃で、失敗をした日でしたが二人の先輩が少し判って、

なんかその日は嬉しかったです。

職場の一員に成れたような感じとでもいうんでしょうか。

ゆっくり帰ろ!

そう思いました。こんな日はとばしたらコケそ^^;

その頃の通学の相棒はYAMAHAでした。

http://www.motorcyclespecs.co.za/model/yamaha/yamaha_dt125r%2087.htmでお借りしました。これに乗ってたわけじゃないです当事は好きでした


さてさて、ようやくカブの話になるんですが、何故毎日カブに乗るようになったのか。

それは、

最初に書いた事ですがGラジオ店の主な仕事は


お店の裏で雑務をする内勤とでもいうべき仕事、

配達や家電品の設置などの外勤の仕事の二つがありました。


おもなしごとデス。


主でない、仕事がたまたま回って来たのは確か月末だったと思います。

その日は、申し訳ないんですが暇でした。

片付けも要領が判って来て、

先輩の修理品と発注伝票を、奥さんの伝票と入荷予定票、

それらを早めに覗いて入荷日と入荷品をチェックして

当日までに区画を空けたり仮置き中の廃品移動等々スペースの確保。

これらが一番時間が掛かる仕事なので基本的に先行片付け・・・

先回りをすることで仕事が円滑に回せだしました。


たしかそういう風に上手く仕事がかみ合って出来た隙間のような日。

そうです、間違いありません。運が良いのか悪いのかその日が月の末日でした。


紙片を持った奥さんがこられました。

「集金に行って来て。裏にあるカブを使っていいから」

というご指示であっさりと、カブの人になったのでした。


仕事中のカブはなんという開放感!

内勤ばかりだったので外に出ること事態が魅力的だったのに加え、

二輪に乗っているという、まるでツーリングでもしてるようにテンションが上がります!

変な言い方ですが免許を取ってからカブに乗ったのは初めてでした。

覚えてはいませんが鼻歌の一つもきっと歌っていたに違いありません。

http://bikelife.nifty.com/cs/impression/detail/090402027337/1.htmでお借りしました


今月未入金のお客様の住所と金額が10件ほど書かれた紙片を見て、

とりあえず遠いところから順に回ります。

半日ほどだと思いますが店にはほぼ定刻に帰りました。

無事に帰った事を確認した奥さんは、

「もう今日はいいですよ。お疲れ様」と、奥へ引っ込もうとしています。

「!!、奥さん、お金お金、どこに置いたらいいんですか?」

奥さんの脚が止まって、

「何のお金?」奥さんは、確かにそう言いました。

「 しゅうきんの、です…」

「 お金、貰ってきたの?」

奥さんのビックリした顔を初めて見ました。


「どこから頂いたの?!」と消しこみした紙片に眼を通された奥さんは

一旦奥へ引っ込んで、ご主人を連れてこられました。

ご主人が興奮した顔で出てこられたので、一瞬怒られると思いました。

3軒に半日も掛かったのかと言われると思ったのです。

ところが、お二人とも妙にあたふたした感じです。


「どちらから頂いたの?」

「・・・メモに消しこみしてますけど」

横からメモをじっと覗き込んでいたご主人が、

「この消し込みしてある三軒のうちの・・・お金を頂いたのは、どなた?」

「三軒ともです」

「さんけん、この三軒、全部?!」

よかった~♪ 怒られるのではなく驚かれてるようです。

バイト学生が集金してきたのは珍しかったようです。

普段はご主人の仕事ですから^^


その三軒、不思議なことに、今だに克明に覚えています。

一軒目は工事現場事務所のようなトコロでプレハブでした。

仮にA事務所さんとしましょうか。そのプレハブの二階です。

次はBさん宅。一般のお宅ですが、珍しいY字路の角地に当たる場所。

端っこの三角の位置にあたるといったらよいでしょうか。

最後はお寺さんでした。C寺かな。

DSCF1586.jpg



実は後でM先輩に教えて頂きましたが

ご主人と奥さんが驚かれたのは三件という件数ではなく、

その三軒の内容だったのだそうです。

ご主人が伺われても中々すんなりとは支払って頂けない

いわばワーストスリーだったそうです。

普通、集金はご主人。場合によっては先輩方が外勤の折に伺っておられました。

当然お客様へも失礼だとバイトの高校生を行かすことは無かったようです。

たまたまスッポリ時間が空いたので、奥さんは仕事を覚えてきた褒美に

息抜きをさせようと思われたそうなんです。(失礼ではなかったのか??)


話を戻します。

ご主人に真剣な顔できかれました。

「○○くん(私です)、何て言って、どうやって頂いてきたの?」

purehabu.jpg


いつの間にかM先輩もやってきてました。

「お前、貰えんとクビになるとか言ったのか?」

「それ先輩でしょ」当てずっぽうに突っ込むと、

先輩は固まってしまいました。


「事務所では、世間話をしました。あと、ジュースを頂きました」

オレンジジュースでした。

orengeJ.jpg


「 それで?」

「そろそろ帰りますって言ったら、封筒を渡されました」

「他には?」

「頑張れよって…」

「が・ん・ば・れ」…あきれ顔のM先輩をはじめてみました。


奥さんにBさんとこは?と聞かれました。

「洗濯をされてました。奥さんは赤い服を着て外で洗濯をされていました」

めっちゃ派手な真っ赤なスカートに真っ赤なフリルのエプロンの印象で、

シャツの色形は覚えていません。

http://wiredvision.jp/news/200904/2009042722.htmlで、お借りしました


近づいてこんにちはGラジオ店ですと挨拶すると、

開口一番、

「すごい汗ね、ちょっとこっちへ」と、

玄関に引っ張って行かれてタオルを渡されました。

汗かきなんです。

お礼を言ってすみません、今日は集金に来ましたというと、

いい日に来たわねと、

ニコニコしながらもう一度奥へ引っ込むと財布片手に渡してくれました。



で、お寺のCさんところですが、

「何を言ったの?」

「何も。というか何度声を掛けても返事がありませんでしたので」

「どうした」

「境内を見てました」

この時が皆な一番おもしろい顔をしました。

「きれいですねC寺の境内!いいお寺さんだなと思ってつい、眺めてました」

そうしたら奥から人の気配がしたので見ると、奥様だったようです。

「何してるの?」と聞かれたので、

あんまりきれいなのでつい見せて頂いてましたと答えると、

どなた?と尋ねられましたので、名乗りました。

「集金なら出直して!来月にして下さい」と言われましたので、

判りましたと返事をしました。


怪訝そうな顔で先輩が

「それで?」と。


境内を見てました。

本当に綺麗だったんです。

DSCF1572.jpg



ゴミがないとか箒後があるなんていう綺麗さはもちろん、生垣や庭木のレイアウトというのか

よく判りませんが凄く落ち着ける感じの気持ちのよいところでした。

そう思ったのでそれをお寺の奥さまに言いました。

もうしばらく見せてくださいとも、いいました。

よく覚えてませんが、結構な時間見ていたように思います。

一旦下がった奥さまが封筒を持ってこられました。

来月ではないのですか?というと、もういいからと渡されました。

何故かこちらでも頑張んなさいよと言われました。

継ぎのあたった学ランを着てた訳でもないのによほど貧相だったのでしょうか??

http://www.goobike.com/catalog/HONDA/SUPER_CUB_110/index.htmlでお借りしました



それだけ?!と奥さんが大きな声をかけるので、

「そうそう『次からご主人に来てもらって』と言われました」

面白いことに、それからM先輩は少し態度が変わりました。


会話の概要は殆どあってると思います。

話しを聞く三人が、

まったく同じリアクションだったのでとても面白く記憶に残っています。



その翌日からです。

私の仕事は集金になりました。もちろんカブに乗って。

これ全て実話です。

それが一週間だったのか残り一月丸々だったのか覚えてません。

でもかなりあちこち行ってました。


本当に記憶って面白いですね。

糸口というか、忘れていた事なのに、カブには何時乗ったっけ?と

そう考えて、あ、バイトだ!え、でも修理や掃除してたよな・・・あ、集金!

そんなふうに、ひとつ思い出すと鮮明な絵が頭の中に溢れてきました。

よくこんなことまで覚えてるなと我ながら感心しました。

2年生から3年生までいや、一年の春休みもそうだったかもしれませんが、

大変お世話になりました。

これはけして、バイトの話ではありません。

私の

スーパーカブの思い出と修理の原点です。




http://www.honda.co.jp/SUPERCUB/supercub50/special/でお借りしました



| 二輪と四輪 | コメント(0)

スーパーカブの思い出 その2

http://www.honda.co.jp/SUPERCUB/supercub110/でお借りしました

高校時代のアルバイトの話を書きましたが、その続きです。

お世話になったGラジオ店でのアルバイトの仕事は主に内勤と外勤があることは書きました。

私は内勤で、一緒に勤めた同級生のY君が外勤でした。 

どういう基準で選ばれたか全然覚えていません。希望だったのか指名だったのか・・・


外勤は夏休みだったらやはり多いのがエアコン修理や取り付け。

それからテレビや冷蔵庫の配送設置。

見るからにがっちりした体躯でY君が選ばれたのかもしれません。

750Kg積みの普通トラックであちこち走り回る仕事です。

もちろん正社員であるG先輩の助手役が仕事。

面倒見のいい先輩だしY君も真面目なので可愛がってもらってたようです。

一回出たら中々帰りません。ほとんど半日仕事。

朝出たら店に帰るのが夕方近い日もあったように思います。

ちょっと羨ましかったです。

お店の話を少し書いてみますと、

よくドラマに出てくる長身で黒縁眼がね、白髪の多い髪を丁寧に撫で付けて、

黒いカバンを下げて往診にきてくれるお医者さん。

そんな風貌をしたご主人は、まったくその通りに一日中、往診ならぬ出張修理に

日々明け暮れておられました。

店にいらっしゃることは殆どありません。

そうですねぇ普段は挨拶以外、

行ってらっしゃいとお帰りなさいしか声を掛けた覚えがありません。

少し鼻に掛かった張りのある声の小柄な奥さんがお店で接客をします。

綺麗な仕事だけでなく、時間が有ると裏で廃品のバラしや洗浄などの

汚れる仕事も厭わない方です。

テレビやモニターのブラウン管の持ち方を教えて頂いたのも奥さんです。

「ここ!これに当たったら物凄い衝撃が来るよ!でも離したらダメ!

落としたら爆発するからね」

両手で抱えるように持ってみると調度、腕に当たりそうなところに電極があります。

それが「ここ!」です。

爆発すると6畳くらいは破片が飛ぶから出来るだけ触るな!

やむをえない場合は誰か呼べと。

小柄な方でしたが明るいエネルギーの塊のような方でした。

http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0506/11/news010.htmlでお借りしました


裏では持ち込み品の修理をするM先輩がもくもくと作業机に向かっています。

この二人が普通は内勤です。

で、私はというとそれらの助手的存在。

掃除や片付け電話番、歩いていける近場のお得意さんへの配達などの雑務一般です。

最初はやる事が多すぎて仕事範囲が掴めずにいました。

掃除といってもモノを整理したり箒で掃くだけではないのです。

メーカーから届く新製品や発注入荷した注文品や修理用の部品が主に届くもの。

それらを置き場に整理する為には事前に置き場を確保します。

その為には仮置き品を整理しておく必要があって廃品の見極めとそのバラし処理・・・・

何が良くて、使えて、何が廃品なのか判らずどこまで片付けてよいのか見当がつかず、

おまけに仕事のワンサイクルが判らないので同じ作業を延々続けてしまい

効率の悪いことをしてしまったりという毎日でした。

あとで皆なそうなんだと言われました。最初の説明では流れは判っても体験しないと

理解できないと。


確かに毎日がパニック状態だったのに、そのうち

日々の、週の、サイクルが理解できて来てきました。

不思議と同じ事をやっているのに曜日や時間によっては余裕すら出てきます。


その頃だったと思います。

M先輩が

「社長の応援に出て来るから、帰るまでにバラしてしとけ」と作業机の上に掃除機を置きました。

「どこが悪いか見てみろ」

「 え?! みていいんですか!」

「 いいよ。治せたらなおしてもいいぞ」

そういって笑いながら出て行きました。

人生、初めて修理というモノをやったのはこの時でした。


…カブのコトを書こうと思って書き出したらフと思い出してしまいました。

というか忘れてました^^


どうなったか。


はい、直りました。

そう返事をするとM先輩は真剣な顔になって、

「どんな状態だったか、何処が悪いと思って何をやったか話せ」と。

説明が終わると、もう一度バラしてみろと一言。

実は結構えへんエヘン状態で、意気揚々とドライバーを使いました。


コンセントを挿して、スイッチをいれても何も動かない掃除機でした。

コードの巻き取りドラムが割れてコードの先端にあるスイッチやモーターへ続く部分に

干渉した為電線の取り合い部の半田付けが外れていました。

断線の端末処理をやり直して半田で揚げなおし、通電確認をしました。

原因となったドラムのクラックはテレビ等用の強度のあるダンボールを添えて補強をし

配線の取り回しを変えて干渉しないように処理しました。


「合格、…は、やれない」

両手を作業台に乗せて少し前かがみで見上げるように私を見ながら

M先輩は言いました。



てっきり褒めてもらえると思っていた私はかなりビックリしたことを覚えています。

「お前が、家の、動かなくなった掃除機を、なおすのなら、これでいい」

ひとこと、一言、丁寧にかみしめる様に先輩は続けました。

「うちは、お金を頂いてお客様の大切な品物を修理させて頂いている」

先輩の言葉はよどみなく続きます。

「 治すことは続くコトだ。動き続けるようにすること」

頭の中がキーンとなっていました。顔から血が引いていくのが判ります。

「 悪いものはお金がかかっても交換しなくちゃダメだ 」

「 お客様も判っていて預けて頂いてる。ただで治して貰おうなんて思ってない 」

「 費用がかかってもキチンと治してほしいんだよ 」

ばれてる

そう思いました。

割れた高そうな部品は交換しなくてもこの硬質ダンボールだったら大丈夫!

これなら部品代はかからないから安くしてあげられる!

確かにそう思ったのです。

「いつまでもつ?」

「・・・」 返事は、出来ませんでした。

「型番調べて部品注文しろ。(最後まで)おまえがなおせ 」

嬉しかったです。すごく!

奥さんに呼ばれてM先輩が部屋を出て行った後、ずっとニヤケタ顔をしていたように思います。

やっとアルバイトとして認めてもらった気がしました。


あ、長くなったので

カブは出てきていませんがとりあえず、続くということでお願いします。


http://www.honda.co.jp/news/2008/2080723-cub.htmlでお借りしました




☆(画像は、カーソルを重ねると表記されるURLサイトからお借りした。ありがとうございました)



| 二輪と四輪 | コメント(0)

スーパーカブの思い出

http://get-honda.seesaa.net/でお借りしました

数年前からカブが欲しいと思っていました。


そのせいでもないのですが、

カブなんて乗ったことが無いのに何故かシートを上げて、タンクキャップを開ける光景、

シートについたゴム製の吸盤の感覚、やわらかいキックの踏みシロ、

それらの絵や感触のようなものが妙に度々、頭に浮かびました。。。??

なぜ?

・・・・・・・・

あ!乗ってる !!

思い出しました!乗ったコトがあった。

そういえば、初めて乗ったバイクはカブでした。

http://corism.221616.com/articles/0000066176/でお借りしました


いわゆる春休み時期のこと。

中学を卒業して高校へいく隙間の時期にそれは来た。

たいくつな時間を持てあまして同級生の家へ遊びに行くと、O君は

楽しそうな顔で迎えてくれた。

最近親父が買い換えたのでこれに乗って遊んでいると言って、

裏から引っ張り出して見せてくれたのが HONDA スーパーカブ だった。

O君の家の脇には裏山へ続く林道があった。

持ち山へ向かう完全な私道なので無免許で乗ってもルール違反ではないが

その頃はそんなことは知識も無いし考えもしなかった。


『乗ってみる?判る?』

そんな彼の言葉に『初めてだけど…』なんてかっこ悪くて、

ベテランのような顔(どんな?)をして実はおっかなびっくりカブに跨った。

ほちょちょちょ・・・

キックの踏み加減も判らず適当に踏み下ろしてもあっけなくエンジンが歌いだした。

そんな気がした。


お、やた!!いいぞ、かぶ君!

何気ない顔でアクセルをしぼると、カブは機嫌よく走り出した。

雑木林を縫うゆるい上りの林道を木漏れ日を受けてトコトコ走っていると

何故か土曜日の午後のような気がした。

その日が何曜か?なんて覚えていないけど、本当にそう思ったことだけは

不思議に覚えている。

ぐるっと回って帰って来て、友人の前に止まろうとしてコカしてしまった。

フットブレーキなんて掛けたことが無いので頭から飛んでいたのと、つい

自転車の癖で前ブレーキをギュっと握ってしまったのだ。下がバラスで

しかも緩やかとはいえバンクしているというのに。。。。。

優しく笑いながらO君は、

ボクも何回も転んでるから気にしなくていいよといって手をかしてくれた事に

ホッとした自分が居た。


http://www.geocities.co.jp/MotorCity/9596/miss.hc90.htmlでお借りしました



記憶なんて曖昧で面白いもので、ひとつ思い出すと続けて思い出せました。

高校時代のバイトで毎日乗っていたんです。

タンクの光景はどうもその時のカブのようです。


「Gラジオ店」という電気屋さんにお世話になっていました。

ラジオ店というくらいなので、小さな家電の小売り店なのに修理をやっておられました。

同級生のY君と二人で長期の休みの時だけのアルバイトでした。

代々うちの学校の生徒がお世話になって、卒業する時後輩を紹介する。

そんな方法でずっと何年もお世話になっていた貴重なお店でした。


そんなGラジオ店での主な仕事は、

お店の裏で雑務をする内勤とでもいうべき仕事と

配達や家電品の設置などの外勤の仕事の二つがありました。

私達も二人。

そういう意味で二名の求人だったようです。

で、私は内勤担当でした。


ところが、あることがきっかけで毎日全然別の仕事で毎日カブに乗るようになりますが

またそれは別の話です。





☆(画像は、カーソルを重ねると表記されるURLサイトからお借りした。ありがとうございました)

| 二輪と四輪 | コメント(6)

知ってますか? 「よさりのラリー」

熊本県五木村・・・「五木の子守唄」で有名なところですが、

しばらく前から二輪の耐久ラリーが行われていたようです。

五木村の広報を拝見すると・・・


あ、もう10年目なんですね!

今年が記念大会なんだ、なるほど。


こちらがH.P.です。詳しく紹介されています。↓

http://homepage2.nifty.com/woodfamily/yosarino.index.html



実は友人が出るみたいなので紹介してみました。

(エントリーリスト http://homepage2.nifty.com/woodfamily/09yosarino_entrylist.html )

良かったらWeb.から現場から覗いてみてください。

参加者の皆さん、怪我なく楽しんで下さいね。
サポートのみなさんご苦労様です。暑いのでみ~んな気をつけて盛り上げて下さい。


日時:平成21年8月8日(土)~9日(日)
   8日(土) 12:10 開会式
         12:50 公式練習
         15:00 予選(アタック)
         18:00 決勝スタート
         22:00 ゴール(チェッカー)
   9日(日)  8:30 表彰式、閉会式

場所:五木村下梶原(五木スカイライン近く) アポロ峠付近
   ※人吉方面からは国道445号を五木方面へ、
    相良村上下坂よりあさぎり町方面へ右折し、
    五木スカイラインに入ってくださいとの事です。
    (五木村H.P.より引用させて頂きました)


| 二輪と四輪 | コメント(0)

ドアミラーのビス

今日は用があって神様のところへ行きました。

普通は日曜でお休みなんですが、

先日のビートルのエンジンが仕上がってて調整中でした。

45bettle.jpg

バタバタといい感じの音です。

いまいち調子が悪いというオーナーさんの話でチェックしてて結局

オーバーホールになったそうです。

さあ帰ろうかと思ってるトコへ車のサイドミラーの固定ビスがルーズになって外れてしまいました。

ドライバーを借りて入れてみるのに入りません。

よくよく見ると溝が磨り減っています。

ルーズになってガタガタ揺すられるうちに山がつぶれてしまったようです。

45ミラー

写真の3本のうち一番上のネジ穴がそうです。


「ヘリサート入れるか?」

45ヘリサート

ヘリサートはナットにあたるネジ山を舐めた場合にサイズアップでくった穴へ

ネジ山に相当するスプリング状のモノを入れて加工するものです。

加工して大きくなったねじ山が元の大きさに戻ります。


5mmのビス穴が出口側半分ツルツルに近い状態です。

点火プラグのように径が決まったモノを入れるのなら同じ穴径に戻す必要がありますが

今回はビス事態をサイズアップすれば問題ないし、

幸い6mmのタップを見つけたのでサイズアップして取り付けビスを交換する事にしました。


45タップ

右が通常のタップ

左は旋盤用のタップです。螺旋になってます。


ワンサイズアップのキリで穴をくりタップの下孔をつくり、

6mmのタップで新たに溝を入れることにしました。


ミラーの3点のビスを外すにはベースごと外す必要があったので

ドアの内装からごっそり外しましたので結構時間をくいましたが

バッチリ直せました。

緩まないようにビスには接着剤を入れて閉めこみました。

通常のペイントロックではなく二液混合のエポキシタイプで万全です。

お礼を言って帰りました。


| 二輪と四輪 | コメント(0)

乗る? なんていうなよ・・・

午前中は本当に小春日和・・・

ふぉお~んって野太い音がして

突然ライムグリーンの塊が庭へ入って来た。

ZXR3.jpg


だれ??

外に出ている身内の一人が突然の帰宅。

というか足は原付と聞いてたのでたまげた。


久々のカワ

ワークスカラーはやはりキレイだ。

真っ赤な錆の塊だったのを譲り受けて直したらしい。


ZXR2.jpg

結構きれいでしたよZXR


あ・・・

乗りたい病が発病するじゃないかぁ

エンジンを掛けないようにはしたものの、

負けてまたがってしまった・・・やはり自分は陽性患者だと自覚しました。



ZRX1.jpg


| 二輪と四輪 | コメント(8)

光房のガレージ

20080703221500


少し埃を被った二台が眠っています。

VとLの二台のツインです。

四輪の洗車でさえ最近はなかなか出来ません。
この子らとなると…






そうそう、

先日の壁掛け目覚まし時計は日差5分以内くらいまでには出来ました。

二日程は一回のネジ巻で動いてくれています^^


| 二輪と四輪 | コメント(0)

バイクとカメラのトラブルに思うこと・・・

不思議なもので

Bikeネタをやったら、探し物をしていて以前古本屋で買った本が出てきました。

70年代だろうか、バイクのカタログを収めたものです。

写真集としても良く見ていたなぁ。

いいなあこのころの単車・・・


tobira



昔のクラスメートがSL90に乗っています。

コブラマフラーって言うんですか、コブラがテールへ向かって

鎌首を持ち上げたような奴。

ライムではなく、黄緑色^^

別の知り合いはこの前後らしいCB90に乗っています。

流石に楽しい話よりトラブルの話の方が多くなります。

「ライトONで徐々に吹けんくなりエンジンが止まり、エンジンが掛からない!

                   でも、しばらく放っておくと又掛かるようになる」

コンデンサ不良(劣化も含めて容量不足)が殆どですね。

ただ闇雲に容量を大きくし過ぎると他がやばくなりますので

このクラスなら220μF~230μFが妥当のようです。SuzukiRE.


 

同時に、アースの確認をしましょう。

既存の状態を良しとせず、出来ればエンジンとフレームに

別途アースを取ることもをお勧めします。

接触面は必ず磨くことをお忘れなく。

四輪と違って野ざらし雨ざらしで走ることが本来ですから

今後ターミナル部分へのダメージを想定してペイントやシリコンと添付するのも

ベターだと思います。

本来はキチンとアースに落ちてるものですが段々浮いた状態になりやすいです。

屋外、風雨や砂埃の波状攻撃に加えて振動!

これで数十年も過ごせばキチンと落ちている事の方が驚きです。

テスターで導通があることと、キチンとアーシングが出来ている事は別だと考えるべきです。

アースとはゼロ電位位置のことです。(考え方とすれば)これをマイナスとして

6V車の場合プラス側に6Vがかかる筈です。

ところがアースがキチンと取れていないと極端にいうと5Vだったり4Vだったりする訳です。

でも、導通はあります。(あるように見えます。かな^^)

錆や塗装浮きによる接触抵抗が発生して電位があがらない。

というよりゼロ電位位置が確立されていない。

yamahaXs



怖いのはこの差異分の電流です。

家庭のAC100Vはビリっと来るからおっかなびっくりですが、

意外と低電圧はみんな平気なんですね。

びりっと来にくいから(来にくいだけです、注意!)でしょう。

でも低電圧ほど電流の上下は怖いです。

ポイントを持つバイクはキチンと接地していないことが多いです。

古いですし、何か無いとアースなんて地味なところは見ませんものね。

電装系トラブルで何となく今一とか部品変えても今一などという時は

まずキチンと落とすことをやってみるのが早道です。

何より、絶対に無駄にはならない工事ですしね。

ケーブルは極力太いものを使ってください。

他が本当に浮いていたらアクセルをあおった時焼ききれる事もありますから
(逆に言うと細い線で焼けたらアースが浮いている可能性が大ですね)

太い線で接触面積を出来るだけ大きくしましょう。


HONDA CBX



見た目は綺麗なピカピカのダブルクレードルのフレーム、何となく違和感を感じて

木槌でコンコンと軽く叩くと

ボコッと握りこぶしくらいの塗装の塊が落ちた事があります。

本来のフレームは二周りほど錆びて細くなっていました。

早い話バームクーヘンみたいになってたわけです。

これではアースなんて効きっこないですね。

極端な例ですが、本当にありました。ポイントも綺麗だし、同通も

必要なところはほぼあったんですが、プラグに火が出ないので調べた結果です。



kawa.MACHⅢ


最近同様にカメラの電源絡みのトラブルが多くなりました。

古い機械コンパクトカメラのメーター不良の原因は上のバイク達と同様のことが多いです。

ある時期、電池の関係でプラスアースが多いですが、

電池BOXや端子が腐食しているのは液もれとは限りません。

端子の形状が悪かったり斜めに電池が入り短絡したり、

上に書いたようにアーシング不良等で接触抵抗が大きくなり

結果大電流が流れ電線からパンクしていきます。

同じですね。



バイクは充電も行いますからバッテリーやコンデンサ、平滑回路としてもっと考えるべきでしょうね。

清流回路があれば当然見合うだけの平滑回路、

それに変わるモノが当然在ってしかるべきですよね。

平滑できずにアクセルのオンオフで電圧がトリガのように立ち上がれば

一番弱いバルブ類は一瞬で溶断してしまうでしょう。

ポイント面もすぐに荒れちゃうでしょうね。



カメラもバイクも同じですね。

古い機械を使う時はなるべく沢山接っしてあげましょう。

動くところは全部、定期、不定期どちらでも、動かしてあげましょう。

無理はダメです。

向かい合って、話しながらその時の稼動範囲を超えない状態で

何度も動かしてあげれば稼動範囲は広がって元に戻ってきます。

これらは充分なメンテナンスです。


ショップへ出す事だけがメンテではありません。

使ってあげる事こそが、

一番大事なメンテナンスだと、私は思っています。

機械は動き続けることが本来の姿なのですからね。

| 二輪と四輪 | コメント(2)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。