スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

現在 新規ご依頼は遠慮させて頂いております

 現在 新規オーダーはご遠慮させて頂いております。

バックオーダーが膨らみすぎて身動きできない状況なのです。

うちのオーダーは、修理不能の固体や他店にて断られましたという機種が殆どで

何年かかっても構わないという方から始まり、写すことさえ出来れば、シャッターが

きれさえすれば構わない等々、本当にお好きなのだなあと拝読させて頂くご連絡が

殆どです。

ですからつい、お断りが出来なくてお受けしてしまいます。

お時間はお約束出来ませんが構いませんか?とか、

完全に治すことは出来ませんよ?とか、

何年もかかって、駄目な場合もあります。とか、

色んな前提(言い訳?)をお出しさせて頂くのですが・・・

受けていただくだけで有りがたいです等と言われますと

お断りが出来ません。。。


ですが、全ての工程を一人で施工しております以上それが皆様にご迷惑を

お掛けしてしまい、自分の首を絞めている状況でした。

家族に色んなことがあって大切な人やモノをなくしたりもしましたが

続けることしか出来ず、

座り続けて足の血流がおかしくなっている事にもまったく気づかず、

足を切断した方の話を伺ってぞっとする経験も致しました。

ブログを更新できなかったのはその時間が惜しかったのと、6月になると

竿ばかり持つ大好きな作家さんみたくお前は仕事だけをしてりゃいいのだと

そう言われそうでとてもキーボードに向かう気にもなりませんでした。

ネット環境の悪化も手伝いました。。。。


色々ご心配もおかけしてやぶ蛇となったようでした。


気を取り直して、出来るだけ日々、一言だけでも更新して行きたいと思います。

並送しておりますのでご容赦願います。

ただ、コメントを頂いても当面、返信は出来ないかと存じます。

投げっぱなしのボールで恐縮ですが、どこへ転がるかを笑って覗いて頂ければ幸いです。



よろしくお願い申し上げます。


ねじ屋







| 光房的お知らせ | コメント(0)

Lady&Boyのお客様各位へ、並びにLady&Boyのこと

お客様各位へメール連絡をさせて頂きましたが、

PCトラブルと前後してしまい、届いていない方もいらっしゃる事が判り、

ここで再度ご挨拶とお知らせという形で告知させて頂きます。

このブログが所属する光学機器修理工房の他、Lady&Boyという

カメラ修理工房を平行して運行させて頂いてました。

Lady&Boy



他意はないのですが、

元々私が、独立してカメラ修理工房でやろうとしたのは

Lady&Boyのホムペに書いた事なのです。

でも、パソコンのスキルが殆んど無くホームページを作ろうとしても

スキル不足で思ったように作れなかったのです・・・

とにかくその時は勢いで、作り上げました。


しかし、見直してみると書きたかったことが殆んど書けてませんでした。

まがりなりにも頑張ったホームページです、作り直す間消えてしまうのは

辛かったのでとにかく、

「ホームページはアップできた!」と安心感(?)開放感(?)も手伝い

再度、

本来自分が言いたかった事を言葉を捜しながらもりこんで、

再度別ホームページを作りました。

ダブルとおかしいのでLady&Boyとして

(単にそのメアドを持ってたので)仮の名前でつくりました。

後で名称を「光房」へ変更して、最初に作った光房ホームページと差替え

古い方は削除するつもりでした。

が、

幸か不幸か双方とも続けてお客様が入ってしまい、後に引けなくなって

しまいまして・・・・

ふたつの修理工房がスタートしてしまったというのが現状でした。

何とか早く統合したかったのですが、
走り出すと中々むづかしく、色々とご迷惑をお掛けしたかと思います。

ようやくここに統合できる準備が出来ましたので

革めまして、機械カメラ修理工房の『 光学機器修理工房 』として

再スタートさせて頂きました。

昔からの光房のお客様は勿論、冒頭に書きましたようにLady&Boyへお出で

下さったお客様方も

変わらずお付き合いさせて頂くことをお約束させて頂きますので

今後ともよろしくお願いいたします。


尚、大変たいへん恐縮ですが、現在

今だかつて無い忙しさの為ご迷惑をお掛けしているお客様もいらっしゃいます。

近々にクリアできる目処が立ちましたのでご理解いただければ幸いです。

よろしくお願いいたします。

旧、Lady&Boy店主
光学機器修理工房 店主

| 光房的お知らせ | コメント(0)

CANDY その後

ツアーを終えたCANDYに近々、正式にドラムスが加わるそうです。

Candy

世界が広がりますね。

動いていくCANDY応援よろしくお願いします。

| 光房的お知らせ | コメント(0)

☆ 「情景探索記」 iPhoneアプリデビュー

Blog冒頭のお知らせでも乗っけてますしBlogでもCandyのインディズ・デビューをお知らせしましたが

Linkuさせて頂いてるポンイチさんことponichiさんのブログ「情景探索記」がiPhoneアプリになりました!



ipohneAP.byPonichi


ご覧になったことの無い方いらっしゃいましたらこの機会に

ブログの方も是非、

覗いてみてください。

荒廃した夢の菜残りが紡がれています。

憐憫や郷愁そして儚さを感じることはあっても

けして汚らしさや不潔さを見出すことはありません。

時折拝見できるペーソスやユーモアもponichiさんのお人柄でしょう。

きっとその素晴らしさを体験できますので是非一度ブログをご覧になってください。


この記事からも、リンクからも、H.P.のリンクLink バナーからも行けます^^

よろしくお願い致します。




| 光房的お知らせ | コメント(0)

☆作品をアップしました~☆DemiEE17☆

SS3EE17

探していた機種にめぐり合えたものの

巻上が不動でシャッターが動かない、電池室が壊れていて、貼り革すら

剥がれていてないという状況だったそうです。

直したい!という強いお気持ちが伝わるメールを頂きました。


お役にたてて良かったです^^

SSさんの別の作品もありますのでこちらから是非ご覧下さい。

タイトルとクリックすれば新しい作品から順にご覧頂けます。


リンクの「RRC-PhotoPraza」からも飛んで頂けますので、

是非修理完了後の作品をご覧下さい。

カテゴリーを機種別にお客様の修理後の作品を閲覧出来ます。

| 光房的お知らせ | コメント(0)

☆作品をアップしました~☆DemiEE17☆

..GSG-9 さんのEE17Demi

メータ不動で、EE17によくあるシャッターが開いたボディでした。

まず固体を拝見して相談のEE修理を含めたLightTune というオーダーになりました。

.GSG-9 さんの別の作品もありますのでこちらから是非ご覧下さい。

タイトルとクリックすれば新しい作品から順にご覧頂けます。


リンクの「RRC-PhotoPraza」からも飛んで頂けますので、

是非修理完了後の作品をご覧下さい。

カテゴリーを機種別にお客様の修理後の作品を閲覧出来ます。


| 光房的お知らせ | コメント(0)

CANDY インディーズ・デビュー

とても うれしいお知らせが出来ました。

Shindy & Candy


うちの最初からのお客さんでもあり、

ミュージシャン、ギタリストとして活動されていた相田慎一さんが

インディーズ・デビューされることになりました。

残念ながらこういう形しか出来ませんが

光房では出来る限り応援していきます。


よろしくお願いします!




Candy


| 光房的お知らせ | コメント(0)

セレン搭載機について

yashica Half16

セレン光電池搭載機の件でお知らせ等を書くと大きな反響を頂きました。

続報というか、現状です。


そのまえに、

セレンとは何ぞや?と言われる方、古いバイクのバッテリー整流用の"アレ"か?

と言われる方・・・・ここで話題にしているのはセレンをコートする事で光を受けて

何がしかの起電力となし、その強弱が光量の増減よとカメラに教えて露出を制御

する古式EE(後のAE)機構の源になるパーツの事です。

早く言えば「光を受けて電気を作ってカメラのメーターを動かす部品」です。

古いカメラのレンズ周りやダインダー周りにある仮面ライダーの眼のような凸凹の

中にそれは収められています。


以前からセレン光電池の入手が困難になりつつありましたが、

ここ数年この傾向はさらに加速しているようです。

数年前からCds化改造を計画しておりますが修理という本業の

隙間を縫った進行の為絶対的な時間が不足しております。

機種的にはCanon Demi 及び Ricoh Auto Half を中心に計画中です。

限られた条件下でクリア出来ている機種もありますが、

まだ供給できるまでもう少し時間が必要です。


FujicaHalf


そこで現在セレンを太陽電池へ交換改造することも始めております。

太陽電池は使い方によりセレンより低輝度から反応が始まり

可動範囲が広く使えます。

セレンではインターロックが掛かってシャッターがきれなかったり、

露出計指針が振れない為、スローシャッターをと考えても

写りにくかったり、そんな場面でも撮影が出来る事が増える

ということです。

AutoHalf


いいじゃないか!

なぜ早くやらなかったのかと、言われそうですが。


何年も前から直面した問題なので当然色々試しております。

私が太陽電池を使わなかった主な原因、

セレンとは特性が異なるからです。

電圧の立ち上がり方が違います。

セレン機を使い慣れた方にとって、

同じ光量、光源でも異なった写りになるということです。

これは違和感となって、今まではこう撮れたのに・・・

などとそれこそ頭に絵が描けません。

高々古いコンパクトのアバウトな露出くらいと、笑われる方も

いらっしゃるでしょうが、そのコンパクトやハーフを大切に

使っておられる方は多いですし、その味わいや、父母、祖父が自分や

周りの風景を写した、好んだ、その「絵」を大切にされている

方々にすれば露出の差異は「絵」の差異になってしまうのです。

細かに言えばもっとあるのですが、これらの事が私の中でも

消化できませんでしたのでお勧めしてはおりませんでした。

OLYMPUS PenEE3


しかし、冒頭に描きました現状によって背に腹は変えられなくなってきたこと、

初めて手にする方が増えてきて、現状をそのまま受け入れて頂けるケースが

増えてきたこと、装備する機種によっては意外と融通がきくというか愛称が

悪くないと思われてきたこと。


まあ、最後の項目は太陽電池で使える感じのモノに出遭った事にも

起因するのですが、それらの事とお客様のオーダーによりモニタリングも

お願いしてみました。


minolta repo


結果、× は一件も無く 殆どが○を頂きました。

△もいくつかお返事いただけましたが不具合ではなく個性と思えば撮影自体に

問題はないとの事でした。

死蔵してしまうより、オブジェになるよりも撮影出来る方が楽しいよと、解釈

いたしました。



上記結果を踏まえて、

セレンがダメになっている場合太陽電池への交換改造も施工しております。


お手持ちのカメラ、諦めずにお声掛け下さい。


追記:あるお客様からの情報ですが確かな方なのでここに掲載します。

セレン搭載機は防湿庫や棚など暗所に近いところ、

または一定の光量の場所へ置いてても徐々に弱ってきます。

そこで使用前に、衣類の虫干しではありませんが、

光量のある場所へしばらく出して光を当てておくことで多少なりとも

復活するというご連絡を頂きました。

動かないものは動かないままですが、ある程度針が振れているものなら

多少なりとも元気になるようです。

個体差や条件はあるかもしれませんが、お試しの価値は充分あるようです。

日曜に撮影予定なら週末に日向ぼっこさせるとか是非、

試してみて下さい。

| 光房的お知らせ | コメント(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。